ある人質 生還までの398日 あらすじは?原作は?デンマーク人救出劇を映画化

ある人質 生還までの398日1洋画

映画 ある人質 生還までの398日

目次

 

ある人質 生還までの398日19

 

①はじめに

・映画「ある人質 生還までの398日」概要

②映画「ある人質 生還までの398日」あらすじ

③映画「ある人質 生還までの398日」について

 ・原作は?

 ・デンマーク人救出劇を映画化

④スタッフ・キャスト

⑤監督「ニールス・アルデン・オプレブ」関連作品を無料視聴する方法

⑥映画「ある人質 生還までの398日」まとめ

 

映画 ある人質 生還までの398日 劇場予告編

映画 ある人質 生還までの398日 公式HP

映画 ある人質 生還までの398日 公式Twitter

 

映画『ある人質 生還までの398日』予告編

 

①はじめに

・映画「ある人質 生還までの398日」概要

 

ある人質 生還までの398日24

 

ISの人質となった、若い写真家を救出すべく、

家族が奔走した実話が元となっている本作。

監督はニールス・アルデン・オプレブ。

代表作として、「ミレニアムドラゴン タトゥーの女」があります。

 

ある人質 生還までの398日23

 

原作は、本作の元となった、

実際にISにとらわれていた写真家ダニエル・リューを、

ジャーナリストのプク・ダムスゴーが取材して書かれた

「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」という書籍となっております。

公開は2021年2月19日となっております。

②映画「ある人質 生還までの398日」あらすじ

 

ある人質 生還までの398日5

 

デンマークの体操選手であったダニエル・リュー。

負傷により、選手生命を絶たれていた。

夢であった写真家になる。

新生活をコペンハーゲンで始めていた。

内戦の続いているソマリアにて、サッカーをいきいきとした表情でする、

子供たちを撮影した際、ダニエルは戦場カメラマンになることを決意した。

赴いた地域で戦闘地域では撮影はしない契約であったが、

シリア北部のアザスで撮影をしている際、ダニエルは拉致をされる。

都市アレッポに移送され、拷問されるダニエル。

 

ある人質 生還までの398日7

 

脱出を試みるが失敗をする。

ダニエルの帰国を待つ家族がいた。

家族らは、予定日に帰国しないダニエルを心配していた。

家族らはダニエルに連絡を取ろうとする。

紆余曲折あり、人質として拘束されていることを知り、

人質救出の専門家を頼る。

誘拐犯を突き止めるが身代金を要求される。

しかし家族はそれに屈しない。

 

ある人質 生還までの398日10

 

しかし、誘拐犯はダニエルの変わり果てた姿が映る写真を送り付ける。

家族は屈してしまい、所持する資産をかき集めるが、

犯人側の提示する身代金は用意できない。

ダニエルを救うべく募金を始める家族。

誘拐されたダニエルの状況は日に日に悪化する。

家族に誘拐犯からメッセージが送られてくる。

「48時間以内に200万ユーロを用意しろ。」

果たして、家族はお金を集めることはできるのか。

ダニエルの運命は果たして。。。

 

ある人質 生還までの398日13

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

2,189円(税込)

③映画「ある人質 生還までの398日」について

・原作は?

 

ある人質 生還までの398日22

 

原作は、本作の元となった、

実際にISにとらわれていた写真家ダニエル・リューを、

ジャーナリストのプク・ダムスゴーが取材して書かれた

「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」という書籍となっております。

上記のあらすじでダニエルの運命は果たして。。。と書きましたが、

結果としては生きていますね。

 

ある人質 生還までの398日6

 

本書は写真家ダニエル・リューが生還した後のインタビューにより

書き起こされております。

ノンフィクションです。

犯人は、後藤健司さんを処刑した実行犯と同一人物です。

拘束までの過程、拷問の方法、

ダニエルが経験した人質たちとの共同生活などが、

如実に描かれている一冊となっております。

 

ある人質 生還までの398日20

 

・デンマーク人救出劇を映画化

 

ある人質 生還までの398日9

 

本作は、デンマーク人の写真家がISに拘束されてから、

その家族が拘束から救うまでの、奔走を描いた内容となっております。

写真家ダニエルリューが拘束されていた過酷な経験。

決してあきらめず、救うため奔走した家族を描いております。

本作を観た自身も、シリアでの拘束を経験している、

ジャーナリスト安田純平さんは、以下のようなコメントを寄せております。

 

 

「救出されるか、されないか。捕まっている本人が分かる。

その仕組みを描く稀有な映画。

己の運命を覚った者たちの狼狽と自暴自棄、達観、

そして崇高さに胸が締め付けられた」

 

④スタッフ・キャスト

キャスト

 

ある人質 生還までの398日27

 

ダニエル・リュー:エスベン・スメド

ジェームズ・フォーリー:トビー・ケベル

アートゥア:アナス・W・ベアテルセン 

アニタ:ソフィー・トルプ

サーラ・ヨート・ディトレセン

スタッフ

 

ある人質 生還までの398日26

 

監督 ニールス・アルデン・オプレヴ

共同監督 アナス・W・ベアテルセン

脚本 アナス・トマス・イェンセン

原作 「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」

配給 ハピネット

⑤監督「ニールス・アルデン・オプレブ」関連作品を無料視聴する方法

ある人質 生還までの398日3

監督「ニールス・アルデン・オプレブ」関連作品をフルで観るために

イチ押しするサイトは“U-NEXT”です。

U-NEXTをイチ押しする理由は7つあります。

  • はじめての方限定の無料トライアル!なんと、31日間もたのしめる!

  • 毎月ポイントが1200円分手に入るので実質1000円くらいとお得な気分に!

  • 作品数ダントツNO.1!6.5万本以上も見放題

  • 20万冊を超える読み放題の漫画などが満載!

  • 自分の好きな作品をダウンロードしていつでもどこでも観れる!

  • アカウントが4つも管理できる

  • 作品が4K画像というキレイな映像で楽しめる!

他のサイトの料金やイチ押しする部分などを比較しました。

 ※◯:有り △:追加料金あり ×:無し

 

 

2,189円(税込)と、

U-NEXTは料金は少し高めですが、

毎月1200円分のポイントがもらえるので実質約1000円!

お得な気持ちになります。

そして無料期間がなんと!31日間と一番長く、動画の数もダントツで多いです。

31日間以内に解約すれば料金も一切かかりませんので、

お試しに31日間無料トライアルに登録してみる価値ありです。

 

⑥映画「ある人質 生還までの398日」まとめ

 

ある人質 生還までの398日2

 

ISの人質となった、若い写真家を救出すべく、

家族が奔走した実話が元となっている本作。

本作の主演を演じるエスベン・スメドは、

拘束されるシーンを撮影するにあたり、8kgの減量をしたそうです。

徹底しておりますね。

メディアが発達し、画面を通せば、

どこかの国で起きている戦争の有様を知れる現代。

それをだれが撮影してメディアを通して発信されているのか。

戦場カメラマンです。

彼らの戦いや、拘束の加害者家族のリアルが描かれた本作。

決して対岸の問題ではありません。

人間の尊厳と、愛を再認識させてくれる内容となっているでしょう。

また人質救出の専門家が、どのようなことをしているかということも、

細かく描かれております。

劇場公開は2月19日。

劇場で是非体感してみてください。

コメント