スポンサーリンク

映画ライアン・ゴズリング主演『ブレードランナー2049』時代を超えた家族の絆

スポンサーリンク
ブレードランナー2049⑥洋画
スポンサーリンク

映画 ライアンゴズリング主演 

『 ブレードランナー2049 』

スポンサーリンク

目次

 

・前書き

 

・フルで無料視聴する方法

 

・ライアン・ゴズリング主演

「ブレードランナー2049」作品紹介

 

・映画「ブレードランナー2049」

キャスト・スタッフ

 

・映画「ブレードランナー2049」

あらすじ

 

・映画「ブレードランナー2049」

ネタバレ

 

・ライアン・ゴズリング主演「ブレードランナー2049」

感想・まとめ

 

前書き

 

ブレードランナー2049③

 

前作「ブレードランナー」の続編で

 

30年後の「2049年」が舞台。

 

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴが担当し、

 

主演はライアン・ゴズリングが演じました。

 

この作品には、

 

前作の監督のリドリー・スコットが

 

製作総指揮をとり、

 

前作主演のハリソン・フォードも

 

同役柄で登場します。

 

2017年にアメリカで公開され、

 

同じ時期に日本でも公開されました。

 

この記事では、

 

あらすじやネタバレに加え、

 

無料視聴する方法をご紹介します。

 

映画「ブレードランナー2049」をフルで無料視聴する方法

 

映画「ブレードランナー2049」を

 

無料視聴するならU-NEXTがおススメです!

 

おススメの理由は

 

・サイト内の作品数が19万とダントツに多い

 

・毎月1200円分ポイントが付き、

レンタル作品をお得に視聴

 

・ダウンロードができ、旅先で視聴可能

 

・4K作品対応で高画質

 

・漫画や電子書籍なども読むことができる

 

・アカウントを4つ作成できる

 

では、その他のサイトと比較しましょう。



サイト名

月額

無料期間

ポイント

U-NEXT

1990

31

作品数がダントツで多い

Amazonプライムビデオ

500

30

値段と作品数などトータルバランスがいい

TSUTAYA TV

933

30

DVDの宅配レンタルができる

ビデオマーケット

5002000

初月

料金設定が4種類

Netflix

8001800

初月

オリジナル作品が多い

 

「ブレードランナー2049」は

 

どれも有料レンタルですが、

 

U-NEXTは付与されるポイントで

 

無料で見ることができます。

 

契約金額が少し高いですが、

 

見放題作品が多く

 

無料期間内に契約を解除することで、

 

金額の請求はありません!

 

作品が気になる方は、

 

登録して無料体験を

 

しない手はないですね!

ライアン・ゴズリング主演「ブレードランナー2049」作品紹介

 

ブレードランナー2049②

 

この作品は、1982年に公開された

 

「ブレードランナー」の続編になる話です。

 

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴが担当し、

 

主演はライアン・ゴズリングが演じました。

 

前作の監督リドリー・スコットが

製作総指揮を担当するなど

ファンには嬉しいい陣営です。

 

舞台は

前作から30年後「2049年」であり、

環境問題と荒廃した地球で

繰り広げられるレプリカントたちが

自身の出自に翻弄され、

苦悩し希望を見出す物語です。

 

映画「ブレードランナー2049」キャスト・スタッフ

 

ブレードランナー2049 ①

 

スタッフ

 

監督:

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

 

脚本:

ハンプトン・ファーチャー

マイケル・グリーン

 

制作総指揮:

リドリー・スコット

 

キャスト

 

K役:

ライアン・ゴズリング

 

リック・デッカード役:

ハリソン・フォード

 

ジョイ役:

アナ・デ・アルマス

 

ラヴ役:

シルヴィア・フークス

 

ジョシ警部補役:

ロビン・ライト

 

マリエット役:

マッケンジー・デイヴィス

 

アナ・ステリン博士役:

カーラ・ジュリ

 

サッパー・モント役:

デイヴ・バウティスタ

 

フレイザ役:

ヒアム・アッバス

 

レイチェル役:

ローレン・ペタ

 

映画「ブレードランナー2049」あらすじ

 

ブレードランナー2049⑦

 

2049年、

 

6月でも雪が降るほどに異常気象となり、

 

生態系も崩壊した地球。

 

ロス市警の「ブレードランナー」として

 

旧型の人造人間レプリカントを

 

「解任(抹殺)」を仕事としていた

 

新型のネクサス9型レプリカントの「K」は、

 

逃亡していたレプリカントの

 

サッパー・モートンを解任後に

 

トランクを発見します。

 

トランクの中身は遺骨でしたが、

 

骨に製造番号が書かれていることから

 

レプリカントであることが判明。

 

しかし、

 

驚くことにその遺骨には

 

出産あとがあるのです。

 

レプリカントの出産は、

 

前例がなく世の中の混乱を避けるべく、

 

情報秘匿するようにKは

 

上司より命令されるのでした。

 

Kは、

 

遺骨の身元を確認するために

 

ウォレス社に行き、

 

遺骨が「2019年」に逃亡した

 

レプリカント「レイチェル」であり、

 

恋愛関係になっていたのが、

 

元ブレードの

 

リック・デッカードであることを

 

知るのでした。

 

そのことを知った

 

署長のウォレスは生殖技術が欲しく、

 

配下のラヴにレイチェルの子供を

 

連れてくるように指示するのでした。

 

一方、

 

デッカードの行方を知りたいKは

 

デッカードの知人をあたるなどしていたが

 

手掛かりを見つけることはできず、

 

遺骨のあった場所へと戻ります。

 

Kはそこで「6-10-21」という

 

数字を見つけ驚くのでした。

 

その数字は、

 

K自身の情緒を落ち着ける

 

疑似記憶にある木馬に記されているものと

 

同じだったのです。

 

ウォレス指示で動いていたラヴは、

 

レイチェルの遺骨を盗みだし、

 

そのことから子供の存在を知った

 

Kの上司は

 

出性記録とDNA記録の調査をするように

 

指示するのでした。

 

Kは調査過程で、

 

ある孤児施設にて

 

自身記憶の中にあるはずの

 

木馬を現実に見つけ、

 

ステ臨博士に記憶の鑑定を依頼。

 

それが疑似記憶ではなく、

 

誰かの本物記憶であることをしり

 

驚くのでした。

 

映画「ブレードランナー2049」ネタバレ

 

ブレードランナー2049④

 

Kの記憶が本物であることと、

 

記憶の中の木馬や数字がK自身

 

「製造された」のではなく、

 

生まれてきたのだと、

 

Kの彼女であるジョイは喜びます。

 

そのため、

 

Kは上司にDNA検査の結果

 

「レイチェルの子供を見つけたが処分した」

 

と報告し謹慎処分へ。

 

自身の身の上が分かったことで、

 

逃亡を決意するK。

 

ついていくことを決めたジョイは

 

Kを説得し二人逃げることになりました。

 

木馬の製造元から

 

ラスベガスに情報があると期待し、

 

ラスベガスへ赴くのでした。

 

そこで、

 

デッカードに合うことになるのです。

 

デッカードは

 

妊娠したレイチェルを仲間に預け

 

自身は身を隠したことや

 

子供に一切関わらないように

 

してきたことを伝えます。

 

そんな中、追跡してきたラヴにより

 

襲撃を受けます。

 

襲撃の中で

 

ジョイはラヴにより消滅させられ、

 

デッカードが誘拐されます。

 

Kはデッカードの仲間のフレイザに

 

救われ難を逃れます。

 

仲間に勧誘してくるフレイザから、

 

レイチェルの子供は女児であること

 

知らされるのでした。

 

その女児は、

 

記憶の鑑定をしたステリン博士であり、

 

その記憶をKに移植していたのです。

 

誘拐されたデッカードは

 

ウォレスから子供の事を聞き出すために

 

問いただしますが、

 

口を割らないために植民地へ移し

 

尋問することに決めます。

 

ラヴはデッカードを植民地へ

 

移動させようとしますが、

 

Kの襲撃にあうことになります。

 

Kは死闘の末に

 

ラヴを倒すことが出来ますが、

 

自身も重傷を負います。

 

デッカードを

 

娘であるステリン博士のところまで案内し、

 

安堵したところで

 

自身は雪のなかで眠りにつくのでした。



ライアン・ゴズリング主演「ブレードランナー2049」感想・まとめ

 

この作品は、

 

難しい話の構成になっていますが

 

厳しい未来の規則から

 

家族を守ろうとした夫婦とそれに関係し、

 

家族の絆の大切さを

 

知ることにできたレプリカントが、

 

時代が変わっても大切なものは

 

変わらないことを

 

教えてくれているような

 

気がしました。

 

この作品は、

 

前作「ブレードランナー」からの続編なので、

 

前作を見ている方は

 

感慨深いものがあるかもしれません。

 

SFや近未来的な話しが

好きな方にはおススメです。

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いそをフォローする
スポンサーリンク
無料動画配信 / いそブログ

コメント