映画 チョコレートドーナツ 偏見が生み出す悲しい結果に涙が止まらない・・・

チョコレートドーナツ35洋画

映画 『 チョコレートドーナツ 』

目次

 

チョコレートドーナツ12

 

・前書き

・無料視聴方法する方法

・作品紹介

・キャスト・スタッフ

・主演「アラン・カミング」関連作品

・あらすじ

・ネタバレ

・感想・まとめ

前書き

 

チョコレートドーナツ4

 

アメリカニューヨークであった実話を元に作られた作品。

 

監督はトラヴィス・ファインが担当し、主演はアラン・カミングが演じました。

 

2012年にアメリカ・日本で公開されました。

 

しかし、日本では当初内容が受け入れられず、

 

1館のみの公開に留まるも後にタレントのLiLiCoさんがこの作品の良さを

 

号泣しながら伝えたことで、140館で公開されることになり注目を集めた作品です。

 

この記事では、無料視聴する方法やあらすじ・ネタバレのほかに

 

主演の関連作品を紹介します。

 

映画「チョコレートドーナツ」を無料視聴する方法

 

チョコレートドーナツ39

 

無料視聴するならU-NEXTがおすすめです。

その理由は、

・見放題作品数が19万本と業界最多

・毎月1200円分のポイントが付与され、レンタル作品をお得に視聴できる

・無料体験期間が31日と長い

・漫画や電子書籍も読むことができる

・ダウンロード機能で旅先で視聴可能

・4K画質

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990円

31日

見放題作品がダントツで多い

Amazonプライムビデオ

500円

30日

作品数と料金のバランスがいい

TUTAYA TV

933円

30日

DVDの宅配便が使用できる

dTV

500円

初月

とにかく安い

ビデオマーケット

500円~2000円

初月

料金設定が4種類

 

U-NEXTは他のサイトに比べ高いように感じますが、

見放題作品は19万本と多く、更に毎月1200円分のポイントが付与されるため、

有料レンタル作品もお得に見れてしまいます。

また、無料体験期間が31日と長く、この期間に解約することで料金の発生がないため

実質無料で19万本の作品が見放題です。

気になる方は、試してみて後悔はしないと思います。

映画「チョコレートドーナツ」作品紹介

 

チョコレートドーナツ36

 

監督は、トラヴィス・ファインが担当し、主演はアラン・カミングが演じました。

 

2012年に公開された映画であり、

 

1970年代に実在した話を元に制作されました。

 

物語は、一人の男性が育児放棄をされた子供を拾うところから始まります。

 

子供は、ダウン症を患っており直面する問題は多く、

 

男自身は同性愛者であり養子を取るうえで起こる問題に苦悩しながらも

 

子供のために努力する心温まる物語です。

 

映画「チョコレートドーナツ」キャスト・スタッフ

 

チョコレートドーナツ8

 

スタッフ

 

監督:トラヴィス・ファイン

脚本:トラヴィス・ファイン

    ジョージ・アーサー・ブルーム

音楽:ジョーイ・ニューマン

編集:トム・クロス

 

チョコレートドーナツ21

 

キャスト

 

ルディ・ドナテロ役:アラン・カミング

ポール・フラガー役:ギャレット・ディラハント

マルコ・ディレオン役:アイザック・レイヴァ

ロニー・ワシントン役:ドン・フランクリン

マリアンナ・ディレオン役:ジェイミー・アン・オールドマン

マイヤーソン役:フランシス・フィッシャー

ランバート役:グレッグ・ヘンリー

ウィルソン役:クリス・マイケル

 

主演「アラン・カミング」関連作品

 

チョコレートドーナツ23

 

・「007ゴールデンアイ」

伝説的スパイアクション映画

 

・「スパイキッズ」

凄腕スパイの子供たちがスパイメカを使い両親を救出する作品

 

・「X-MEN2」

スーパーマンをはじめとするアメリカンヒーローのオールスター作品

 

映画「チョコレートドーナツ」あらすじ

 

チョコレートドーナツ22

 

1979年のニューヨーク、カルフォルニア州にルディという男がいました。

 

彼は、歌手を夢見てショーパブで活動をしながら、1日の生活費を稼いでいました。

 

そんな時、そのショーパブへ訪れたポールと言う男性に惹かれてしまいます。

 

ルディは同性愛者でした。

 

二人はすぐに打ち解け、交際するようになりました。

 

どこか不思議だが、幸せな日々を送るルディでしが、

 

更に人生を変える出会いが待っていました。

 

チョコレートドーナツ27

 

同じアパートに住む隣家族は時々見ていたのでしっていましたが、

 

ある日その部屋の母親が麻薬所持で逮捕されることを知ります。

 

それが原因で、その息子のマルコは施設へ預けられることになるのでした。

 

そんなマルコはダウン症を患っており、自身が施設へ入っている理由を理解できず、

 

自分の家に帰ろうと何度も脱走をしてしまいます。

 

その光景を見たルディは、自分のことのように辛く悲しい気持ちになり、

 

あることを決心しました。

 

それは、マルコを自身の子供として養子にして育てるという物でした。

 

チョコレートドーナツ19

 

交際相手のポールへ相談するもなかなか了承は得られませんでした。

 

それもそのはず、同性愛者の養子縁組はこの時認められておらず

 

法が許してくれないのでした。

 

しかし、マルコを何とかしてあげたと思うルディの気持ちに負け、

 

同性愛者であることを隠すことでポールも渋々納得してくれることになりました。

 

手続きはうまく行きました。

 

マルコはルディに引き取られ、ポールと共に本当の家族のように愛情を受けて

 

育つことになります。

 

チョコレートドーナツ31

 

3人はとても幸せな時間を過ごします。

 

マルコは、学校へ行けるようになり、ルディはポールから歌手の夢を

 

応援するとともにもらった「録音機」のプレゼントで一層歌手活動に励みます。

 

ルディは、なんども自分で作った録音テープをクラブへ送り広告活動をしました。

 

しかし、そんな時間はあまり長くは続きませんでした。

 

幸せだった3人をよそに周囲の目は偏見により冷たいものでした。

 

チョコレートドーナツ15

 

ある日、ポールの上司のパーティーに招かれた3人でしたが、

 

周囲と同じように偏見を持った上司に突っかかられ、

 

ルディたちは口論になってしまいます。

 

それが原因で、違法縁組の罪で裁判になってしまうのでした。

 

映画「チョコレートドーナツ」ネタバレ

 

チョコレートドーナツ25

 

ルディたちが、ポールの上司と口論になり、周囲へ違法縁組が露呈し、

 

裁判になってしまいました。

 

裁判では、弁護士が必死に尽力してくれましたが、偏見や差別の問題は大きく、

 

ルディたちを勝たせたくない検察側がマルコの母親に保釈を条件に

 

「親権」の取り戻しを訴える裏取引をしていたのでした。

 

チョコレートドーナツ33

 

養子縁組は認められず、契約を破棄されます。

 

悲しみくれるルディをよそにマルコは、

 

釈放されることになった母親へ引き取られます。

 

マルコと母親は自宅に帰り生活を始めますが、

 

母親は薬物依存を治療したわけではないため、再び薬物に手を出してしまいます。

 

チョコレートドーナツ32

 

母親にはマルコを育てる気は全くなく、ダウン症の事も気に掛けず放置していました。

 

そんなある日の夜、マルコはルディたちを探しに自宅の外に一人で出てしまうのでした。

 

ダウン症もあり、土地勘やコミュニケーションの取れないマルコは、

 

行き先も分からないまま彷徨ってしまいます。

 

3日後、ポールはある手紙を裁判で関わった

 

「元上司」「裁判官」「相手側の弁護士」それぞれに送るのでした。

 

その手紙には、こう書いてありました。

 

チョコレートドーナツ38

 

「知的障害を持ったマルコという少年が、暮らしていた家から脱走し

 

三日三晩道を彷徨ったそうです。その後、ある橋の下にたどり着き、

 

一人で息を引き取りました。」

 

「彼は心優しく、頭がよく、楽しいことが好きな子でした。」

 

「大好きな物は、毎日読み聞かせたハッピーエンドの物語と

 

ディスコダンスとチョコレートドーナツでした。」

 

世間の差別や偏見が引き起こしたこの悲惨な結末へ、

 

歌手になったルディは自分の思い・感情をマイクに向かって歌いあげます。

 

楽しかったマルコとの思い出を思い出しながら。

 

私たちは忘れない。マルコと過ごした日々を。

 

チョコレートドーナツ17

 



感想・まとめ

 

チョコレートドーナツ16

 

この作品は、実話が元になっているだけに訴えかけてくるものが

 

強かったように思います。

 

その当時、厳しかった偏見・差別が引き起こした事件だと思うとなんとも

 

悲しい気持ちになります。

 

しかし、逆くにルディたちのような偏見などに左右されずに

 

マルコのような子にでもしっかりとした優しさを与えられる人もいると

 

心があったまる場面も多かったです。

 

それが故に最後の結末は悲しく思わず涙してしまうものでした。

 

まだ、偏見などが根強い世の中でこの作品はとても貴重だと思います。

 

気になっている方は是非見てみることをおススメします。

コメント