スポンサーリンク

運び屋 クリント・イーストウッド主演 実話とは思えないほどのストーリー展開

スポンサーリンク
運び屋1 洋画
スポンサーリンク

映画 クリントイーストウッド主演 『 運び屋 』

スポンサーリンク

目次

 

運び屋21

 

・前書き

 

・無料視聴する方法

 

・作品紹介

 

・スタッフ・キャスト

 

・あらすじ

 

・ネタバレ

 

・感想・まとめ

 

前書き

 

運び屋28

 

ニューヨーク・タイムズのサム・ドルニックの記事

 

「The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule」が元に実在した

 

レオ・シャープの実話が描かれる。

 

監督・主演をクリント・イーストウッドが務め、

 

脚本をニック・シェンクが担当しました。

 

アメリカ合衆国のクライム映画で2018年に公開され、

 

日本では2019年に公開されました。

 

この記事では、無料視聴する方法やあらすじ・ネタバレを紹介していきます。

 

無料視聴する方法

 

運び屋24

 

無料視聴するならU-NEXTがおススメです。

 

その理由は、

 

・見放題作品数が19万本と業界最多

 

・無料期間が31日と長い

 

・毎月のポイント1200円分付与され、お得にレンタル作品を視聴。

 

・ダウンロードができ、旅先で視聴可能

 

・漫画や電子書籍も読むことができる

 

・4K画質

 

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料期間

ポイント

U-NEXT

1990円

31日

見放題作品が    業界最多

Amazon         プライムビデオ

500円

30日

料金と作品数のバランスがいい

TUTAYA TV

933円

30日

DVDの宅配便が使用できる

ビデオマーケット

500円~2000円

初月

料金設定が4種類

 

U-NEXTは月額こそ高いものの、ポイントは1200円分付いてきます。

 

なので、1200円分の有料作品も視聴することができてお得です。

 

さらに無料期間中に解約することで支払いが発生せず、

 

「ポイントで(運び屋)を見て」解約すると無料で見れてしまいます。

 

気になる方は試さない手はないです!

 

作品紹介

 

運び屋11

 

この作品は、イーストウッドが2012年に主演を務めて以来、

 

実に6年ぶりの主演となる作品です。

 

実在した実在する人物「レオ・シャープ」が第2次世界大戦後に退役し、

 

80歳という年齢でシナロア・カルテルの麻薬運び屋として活動していた

 

実話が元になっています。

 

物語は、軍退役後に農芸家として優秀だった男が仕事を優先し、

 

家族をないがしろにした結果、家族から疎遠となり仕事も不況になりました。

 

経済難が襲い掛かり、自宅も差し押さえ。状況を改善すべく、

 

麻薬取締局に追われながら80歳という年齢で麻薬の運び屋として活動していた記録です。

 

スタッフ・キャスト

 

運び屋14

 

スタッフ

 

監督・制作:クリント・イーストウッド

 

脚本:ニック・シェンク

 

原案:サム・ドルニック

 

音楽:アルトゥロ・サンドバル

 

キャスト

 

アール・ストーン役:クリント・イーストウッド

 

コリン・ベイツ捜査官役:ブラッドリー・クーパー

 

主任特別捜査官役:ローレンス・フィッシュバーン

 

トレビノ捜査官役:マイケル・ペーニャ

 

メアリー役:ダイアン・ウィースト

 

ラトン役:アンディ・ガルシア

 

フリオ役:イグナシオ・セリッチオ

 

ジニー役:タイッサ・ファーミガ

 

アイリス役:アリソン・イーストウッド

 

グスタボ役:クリフトン・コリンズ・Jr

 

あらすじ

 

運び屋13

 

アール・ストーンは、第二次世界大戦を生き残った退役軍人でした。

 

軍を退役した後は、農芸家として活動を始め、

 

花の栽培に生きがいを見つけているのでした。

 

そんなアールの花は広く民衆に気に入られ、

 

人気を博していたこともありアール自身は天狗になって調子づいていました。

 

そんなある日、アールの花の品評会と娘の結婚式がブッキングするという

 

アクシデントが起こります。

 

しかし、調子に乗っていたアールは仕事を優先し、娘の結婚式に顔も出さないのでした。

 

娘を始め、家族から嫌煙され、一人で孤独に暮らすことに。

 

運び屋31

 

そんな中、時代は流れ、ネットの普及により自身の花は売れなくなり、

 

廃れていくのでした。

 

経済的にも追い込まれ自宅は差し押さえられ追い出されることになります。

 

行くところを無くしたアールは、孫の結婚式に顔を出すことにしました。

 

孫は喜びましたが、娘は言葉も交わさず出て行ってしまいます。

 

その後、仕事の事で妻と口論になり、

 

会場を出ようとするアールに声をかけてきた人がいました。

 

運び屋4

 

失意の中にいるアールに

 

「運転するだけの簡単な仕事があるんだが、紹介しようか?」

 

家族に許してもらうためには、

 

結婚式の費用を工面することが必要だと考えたアールは仕事を

 

受けることにするのでした。

 

仕事を受けるため約束された場所に行くと不気味な男たちが待っていました。

 

異様な雰囲気に畏縮するアールでしたが、仕事は車に積まれた荷物を運ぶだけ。

 

簡単だったため、とにかくお金が欲しいアールは目的地までしっかり運ぶのでした。

 

仕事の報酬を受け取ったアールは予想していなかった大金に驚きます。

 

運び屋5

 

しかし、その大金のおかげで孫の結婚費用は工面でき、

 

喜んでもらえたことで充実感を得ることができたアールは、

 

この「運ぶだけの仕事」に熱中していくのでした。

 

そのため、2度目の仕事を請け負うことに。

 

2度目の仕事も上手く行き、再び大金を手にしたアールは、

 

差し押さえられていた農園を取り戻すことに成功します。

 

そんな中、退役軍人が集まる会の集会所が火事で全焼。

 

修復費用にするため再度仕事を請け負うことにするのでした。

 

その仕事の最中でした。

 

とうとう運ぶ荷物が気になったアールは、荷物の正体を確認してしまいます。

 

運び屋15

 

そこにはなんと「コカイン」が。

 

アールは、知らない内に麻薬を運ばされていたのです。

 

しかし、大金を得て困っている人へ配ることを繰り返すうちに

 

充実感を得ていたアールは、罪悪感を抱えつつ仕事を続けることを決めるのでした。

 

そこに一人の保安官が訪れるのでした。

 

運び屋9

 

ネタバレ

 

運び屋8

 

保安官は、大変そうにしていたアールを気遣い、声をかけてきたのでした。

 

アールは、なんでもない話をしていました。

 

保安官は、少し怪しむもアールの年齢を考え「まさかね」と見逃してしまうのでした。

 

難を逃れたアールは、再び大金を受け取り退役軍人の集会所を立て直すのでした。

 

その後、集会所の仲間が相談をしてきました。

 

仲間はスケート場の修理がしたいとアールに相談し、

 

仕事に慣れてきていたアールは快諾。

 

難なく仕事をこなし、スケート場の修理も達成するのでした。

 

仕事の回数をこなすごとに、一度に運ぶ量は増え金額も増えていくのでした。

 

アールは、それを知らず次々に仕事をこなすことに。

 

運び屋6

 

その内、裏では「優秀な運び屋がいる」と有名になるのでした。

 

依頼主は、アールの同行を監視する人員を増やし、

 

別車両で後をつけるように指示しました。

 

しかし、その監視によりアールの行動が筒抜けに。

 

アールは、「慎重な運び屋」として仕事を受けているにも関わらず、

 

人目に付くような行動をしていました。

 

これを監視が注意するもアールは聞く耳を持たないのでした。

 

その一方で、捜査官側にも「タタという運び屋が活躍している」と情報が広まり、

 

タタは「パパ」という意味でアールの事でした。

 

アールの依頼主の組織から情報を得ていた捜査官ベンツは、タタが運ぶ量に驚きます。

 

運び屋23

 

初めはそこまでないものの、現在は200㎏を超えているのです。

 

看過できなくなったベンツ捜査官はタタへの取り締まり強化を図るのでした。

 

しかし、なかなか尻尾を見せないタタに焦りを感じ始めます。

 

アールの方はというと気ままに仕事を続け、300㎏を超える仕事を行っていました。

 

そんなある日、孫から連絡が入ります。

 

元妻のメアリーが倒れ、もって数日と聞かされるのでした。

 

再び、仕事と家族の間で揺さぶられるアールでしたが、

 

同じ失敗をしないようにメアリーの元へ駆け付けることを選ぶのでした。

 

アールは、携帯の電源を切りメアリーの看病に勤しみます。

 

そんな様子の父を見て、娘は徐々にアールを許していくのでした。

 

メアリーもアールを許し、元の夫婦のような関係に戻ることができるのでした。

 

運び屋25

 

一方で、連絡の取れなくなったアールに激怒したのが組織でした。

 

麻薬を持ち逃げした思い居場所を探し始めるのでした。

 

ベンツ捜査官側も内通者により徐々にタタの正体に迫るのでした。

 

数日がたち、メアリーは死去し葬儀がとり行われました。

 

アールは、葬儀がひと段落し、携帯を起動させます。

 

すると組織からの連絡が100件。

 

GPSが入り、組織はアールの元へ急行するのでした。

 

アールは逃げることを始めますが、組織につかまりリンチに遭うのでした。

 

しかし、そこにベンツ捜査官ら警察が突入し、アールは助かるもの逮捕されるのでした。

 

運び屋7

 

アールは裁判にかけられますが、すべての罪を認め有罪で刑務所へ。

 

皮肉にも「運び屋」としての仕事を通し家族との関係を修復できたアールは、

 

刑務所内で満足げに農芸家時代に育てていた「デイリリー」を育てているのでした。

 



感想・まとめ

 

運び屋2

 

この作品は、実話とは思えないようなストーリーでした。

 

90歳の老人が運び屋なんです。それは、保安官も油断しますよと同感してしまいました。

 

しかし、家族との関係を修復したいという思いから始まった仕事が、

 

成功し徐々に家族仲を修復していくことが出来ましたが、

 

その仕事が「運び屋」だっただけに最後の逮捕は少し悲しかったですが、

 

最後のアールの満足げな顔が、運び屋をしたことに後悔がないことを物語っており、

 

救われたんだろうなと感動しました。

 

この物語は、頑固な男が家族の大切な気付く作品だとも感じ、

 

実話だけにメッセージ性も強いです。

 

アクションなどが好きな方にもおすすめですが、

家族愛の物語が好きな方にも是非おすすめしたい作品です。

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いそをフォローする
スポンサーリンク
無料動画配信 / いそブログ

コメント