スポンサーリンク

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ハリーの両親を死に追いやったのはシリウス・ブラック?

スポンサーリンク
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人2洋画
スポンサーリンク

映画 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 

スポンサーリンク

目次

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人1

 

・前書き

 

・無料視聴する方法

 

・作品紹介

 

・スタッフ・キャスト

 

・主演「ダニエル・ラドクリフ」関連作品

 

・あらすじ

 

・ネタバレ

 

・感想・まとめ

 

前書き

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人3

 

1997年にJ・K・ローリングが書き上げた

 

ハリー・ポッターシリーズが原作の第3弾。

 

監督は前の2作品から交代したアルフォンソ・キュアロンが担当し、

 

主演は原作者の意向もあり作品と共に成長したダニエル・ラドクリフが演じました。

 

監督の変更により、作中の雰囲気は子供向けのファンタジーの物から

 

大人向けのダークファンタジーに変更されています。

 

アカデミー賞では視覚効果部門でノミネートされました。

 

この記事では、無料視聴する方法やあらすじ・ネタバレのほかに

 

主演のダニエル・ラドクリフ関連作品を紹介します。

 

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を無料視聴する方法

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人4

 

無料視聴するならU-NEXTがおすすめです。

 

その理由は、

 

・見放題作品数が19万本と業界最多

 

・無料体験期間が31日と長い

 

・毎月1200円分のポイントが付与され、レンタル作品をお得に視聴

 

・漫画や電子書籍も読むことができる

 

・ダウンロード機能で旅先での視聴可能

 

・4K画質

 

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990

31

見放題作品がダントツで多い

Amazonプライムビデオ

500

30

作品数と料金のバランスがいい

TUTAYA TV

933

30

DVDのレンタル宅配が使える

ビデオマーケット

500~2000

初月

料金設定が4種類

dTV

500円

初月

とにかく安い

 

U-NEXTは料金が他のサイトに比べて高く見えますが、

 

見放題作品が19万本と業界最多であり、

 

毎月1200円分のポイントが付くことでレンタル作品もお得に視聴できます。

 

また、無料の体験期間が31日もあり、

 

その期間に解約すると料金の支払いが起こらないため十愛は無料で見れてしまいます。

 

気になる方は試してみて損はしないと思います。

 

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」作品紹介

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人8

 

監督は、ゼロ・グラビティを担当したアルフォンソ・キュアロンが担当し、

 

主演はダニエル・ラドクリフが演じます。

 

物語は、3年生となったハリーに困難が降りかかるところから始まります。

 

「人間界で魔法を使ったことによる退学処分の危機」と

 

「両親を死に追いやった元凶シリウス・ブラックがアズカバンから脱獄した」

 

というものでした。

 

そしてその囚人はハリーの前に現れ、

 

ハリーはまたしても事件に巻き込まれていくのでした。

 

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」スタッフ・キャスト

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人10

 

スタッフ

 

監督:アルフォンソ・キュアロン

 

脚本:スティーブ・クローブス

 

制作:マーク・ラドクリフ

 

    デヴィッド・ハイマン

 

    クリス・コロンバス

 

キャスト

 

ハリー・ポッター役:ダニエル・ラドクリフ

 

ロン・ウィーズリー役:ルパート・グリント

 

ハーマイオニー・グレンジャー役:エマ・ワトソン

 

アルバス・ダンブルドア役:リチャード・ハリス

 

ミネルバ・マクゴナガル役:マギー・スミス

 

ルビウス・ハグリッド役:ロビー・コルトレーン

 

セブルス・スネイプ役:アラン・リックマン

 

フィリウス・フリットウィック役:ワーウィック・デイヴィス

 

シリウス・ブラック役:ゲイリー・オールドマン

 

リーマス・ルーピン役:デビッド・シューリス

 

主演「ダニエル・ラドクリフ」関連作品について

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人7

 

・「ハリー・ポッターシリーズ」

J・Kローリングの同名小説を実写化

 

・「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」

スーザン・ヒルの小説「黒衣の女 亡霊の物語」を映画化

 

・「スイス・アーミー・マン」

青年と動きしゃべる死体が協力し友情を育みながら無人島から帰還する物語

 

・「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

グランド・イリュージョンの続編を映画化

 

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」あらすじ

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人12

 

ハリーは3年生になり、

 

その夏のハリーは長期休暇を使いダーズリー家に帰省していました。

 

しかし、そこへ以前から馬が合わず、長年ハリーを苦しめてきた

 

「マージョリー・ダーズリー」が訪れました。

 

マージョリーは、ハリーへ嫌がらせを行い、ハリーは精神的に追い詰められます。

 

ついに耐え切れずハリーはマージョリーに魔法を使い、家を飛び出してしまいました。

 

勢い余って家を飛び出したものの身を寄せる場所のないハリーは、

 

禁止されている休暇中の魔法使用を行ったことで退学を覚悟しつつ

 

途方に暮れるのでした。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人9

 

そんな中、ふと視線を向けた先に「大きな犬」を見るのですが

 

過ぎに見えなくなりました。

 

偶然通りかかった「夜の騎士バス」に行く当てのないハリーは乗ることに。

 

行き先はダイアゴン横丁。

 

バスは到着し、降り立つと目の前には「漏れ鍋」というパブがありました。

 

そこへ大臣のコーネリウスが現れ、休暇中の魔法使用へ処分を覚悟したハリー。

 

しかし、コーネリウスは問題には触れず、

 

ハリーに休暇中の外出はダイアゴン横丁内にとどめ、

 

しばらくパブに泊まるように指示しハリーはそれを承諾するのでした。

 

それから時間は経過して、夏休みの最終日。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人11

 

ハリーは外出しているとハーマイオニーやロンのウィーズリー一家と再開します。

 

喜ぶハリーは経緯を話し、自身が泊まっているパブへ案内することに。

 

その夜、談笑をひているハリーたちですが、

 

そこである事件の話を聞くことになりました。

 

それは、とある罪を犯し「アズカバン」に投獄されていた

 

「シリウス・ブラック」が脱獄したという話しでした。

 

そして新学期。

 

教授の任命から始まりました。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人13

 

闇魔法に対する防衛術の教授に「リーマス・ルーピン」が、

 

魔法生物飼育学にはルビウス・ハグリッドが就任することになります。

 

しかし、ハグリッドの授業で魔獣によりドラコがケガをしてしまいます。

 

ハグリッドは謹慎を言い渡され、裁判を待つことになってしまいました。

 

新しく始まった学校生活と授業。

 

その中でハリーに不吉な影が忍び寄りつつあることをしります。

 

シビルが担当する授業で、占い学を学んだハリーでしたが、

 

不吉な予言をなんども受けてしまうのでした。

 

クディッチにグリフィンドールの選手として参加しているハリーは

 

3シーズン目を迎えていました。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人14

 

しかし、試合中にアクシデントが。

 

ハリーは吸魂鬼に襲われ、ほうきから落下。

 

その衝撃で乗っていたほうきも折れてしまいます。

 

ルーピンから防御術を学ぶハリーの元へ、送り主不明のほうきが届きました。

 

そのほうきは最高級の物で「ファイアボルト」というものでした。

 

ハリーはファイアボルトのおかげもあり試合に出ることができ、

 

残りの試合も勝利し優勝へとチームを導きました。

 

ハリーたち生徒は3年生になり「ホグズミード村」

 

という場所へ行くことを許可されるようになりますが、

 

ハリーは家を飛び出したため家族からの許可証を持っていませんでした。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人15

 

そこへロンの兄弟が現れ「忍びの地図」を渡しました。

 

忍びの地図は、ホグズミード村までの抜け道を示した物で、

 

これによりハリーは村に行くことができました。

 

村に着くと「三本のほうき」というパブがありハリーたちはそのパブへ入ることに。

 

そこで、ハリーたちはシリウス・ブラックについて深く知ることになりました。

 

シリウス・ブラックは、ハリーの父であるジェームズと親友でありハリーの名付け親。

 

そして、ジェームズを裏切りボルデモートの配下になり

 

両親の居場所を漏洩させ死に追いやった張本人であることを聞かされるのでした。

 

ハリーは両親の死のきっかけを作ったシリウスに憎しみを覚えるのでした。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人16

 

それから情報が欲しいハリーは再度村へ足を運びますが、

 

スネイプに見つかり無断外出を責められます。

 

幸いにもルーピンが現れ弁護してくれましたが、

 

忍びの地図は没収され村へ行くことが出来なくなるのでした。

 

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」ネタバレ

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人17

 

ハリーがシリウスについて調べられなくなった頃、

 

ダンブルドアではドラコへのケガに発展した事件の裁判が行われようとしていました。

 

ハグリッドは家に籠りその時を待ちますが、

 

ハリーたちは元気づけようとハグリッドの家まで会いに行きました。

 

しかし、ハグリッドは判決により処刑人が訪れることになるため、

 

ハリーたちに危険が及ぶと思い彼らを追い返すことに。

 

しかし、そこへハリーは家を出てすぐに見た大きな犬がロンを連れて

 

どこかへと消え去ってしまいました。

 

ハリーは、ハーマイオニーとともにロンを追いかけます。

 

そして叫びの屋敷という場所へたどり着きました。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人18

 

そこで犬の正体はシリウスであること知ります。

 

ハリーたちはシリウスと戦うことになりますが、

 

そこへルーピンが割って入り戦いを止めました。

 

ルーピンは忍びの地図で場所を突き止めてきたのでした。

 

ハリーは、親の仇とシリウスを倒そうとしますが、

 

ルーピンがシリウスと共にハリーの親の死の真相を語り始めました。

 

シリウスは、ハリー父親を裏切ってなどいませんでした。

 

ハリーの両親を売ったのは、「ペティグリュー」という男でした。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人20

 

ペティグリューは、シリウスに殺されたことにし、

 

自身はネズミに化けロンに飼われていたのです。

 

このネズミをロンと共に捕まえたシリウスは、

 

彼を魔法省に引き渡そうとしますが、その時満月の光を浴びたルーピンが狼に変身。

 

パニックになるハリーたちでしたが、

 

その隙を突いてペティグリューは逃げ出してしまいました。

 

オオカミとなったルーピンは自我を失い暴れ出します。

 

シリウスが犬に変身し長付けますが、そこに吸魂鬼が現れハリーたちを襲います。

 

ハリーは教わった防御術で応戦しますが歯が立たず倒されてしまいました。

 

ハリーは気を失う寸前で、群がる吸魂鬼を追い払う動物が。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人19

 

その傍らに人影を見ますが、ぼやけた意識はそこで途絶えてしまいました。

 

ハリーが次に目を覚ますとダンブルドアから

 

シリウスが死刑よりもつらい罰を受けることになったことを知ると

 

ハーマイオニーと共に「逆転時計」で時を遡り、ロンがさらわれた直後。

 

バックビークを連れてシリウスを救出し、

 

群がる吸魂鬼を守護霊で追い払うことに成功しました。

 

ハリーの意識が消えゆく中見た人影は、過去に遡った自分自身だったのです。

 

その後、ペティグリューを逃したハリーたちは

 

シリウスの無実を証明することができず、彼は逃亡する身となってしまいました。

 

また、ルーピンもオオカミであることが露呈し辞職。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人21

 

問題を上手く解決できず落ち込むハリー。

 

しかし、そこへシリウスから手紙が届きました。

 

ファイアボルトを送ったのは自分であると明かし、

 

ロンのいなくなってしまったネズミの代わりにフクロウを送り

 

ハリーたちに感謝を伝えるのでした。



感想・まとめ

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人22

 

この作品は、大人気シリーズの3作目ですが、

 

監督が代わり雰囲気が一変したと評された作品です。

 

ハリーたちの成長に伴い作品の雰囲気も大人向けに

 

変わったところがこの作品の見どころであり、

 

見ている自分たちも成長することからすごく親近感を

 

湧くものになっているように感じました。

 

今作では、あまり触れられてこなかったハリーの両親がなぜ死んだのかや

 

その時の状況に、初めて深く触れた作品でワクワクが止まりませんでした。

 

監督は次回作でも変更になっているので、

 

この雰囲気を味わえるのはこの3作目だけです。

 

ファンタジー好きはもちろん、ヒューマンドラマが好きな方にもおすすめです

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いそをフォローする
スポンサーリンク
無料動画配信 / いそブログ

コメント