グッドバイ あらすじは?原作は?監督は25歳の新鋭・宮崎彩  福田麻由子主演

邦画

映画 グッドバイ

目次

①はじめに

・「グッドバイ」の原作は?

・「グッドバイ」の主演は誰が?

②あらすじ

③スタッフ・キャスト

④主演「さくら/福田麻由子」関連作品

⑤「福田麻由子」関連作品を無料視聴する方法

⑥まとめ

映画 グッドバイ 公式HP

①はじめに

グッドバイ10

幼い頃から父親と離れ、母親と暮らす主人公さくら。

その環境が当たり前の様に今まで過ごしていたが…。

ある時、友人に頼まれ仕事をするのだが、

とあるきっかけで彼女の心にある変化が起きる。

とある記憶とはいったい…。

・「グッドバイ」の原作は?

 

グッドバイ12

 

本作品の原作はなく、監督・脚本を担当した「宮崎彩」、

初長編監督作品であるオリジナルストーリーです。

・「グッドバイ」の主演は誰が?

 

グッドバイ13

 

本作品の主人公さくらを『女王の教室』・『白夜行』で注目された

「福田麻由子」が演じます。

②映画「グッドバイ」のあらすじ

グッドバイ11

母親と共に主人公さくらは、単身赴任で父親は離れて暮らしているため、

2人で幼い頃から暮らしている。

そんなさくらは仕事を辞めていたのだが、

友人の紹介により一時的だが保育園で働くようになる。

その保育園に通う園児の父親の新藤と出会うのだが、

その姿に幼い頃から離れて暮らす父親の姿をダブらせる。

グッドバイ3

ある日の夜、さくらは新堂家で夕食を作る事になるのだが、

父親にまつわる記憶を思い出す。

母親は古くなった今の家を手離す事を決めるも、

桜が舞う春、しばらく帰る事をしていなかった父親が帰ってくる。

家族ではあったが、ある意味家族の接し方をしていなかったのだが…

グッドバイ5

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

2,189円(税込)

③映画「グッドバイ」キャスト/スタッフ

 

グッドバイ9

キャスト

さくら/福田麻由子

夕子/小林麻子

新堂/池上幸平

みほ/井桁弘恵

佐倉星

彩衣

吉家章人

スタッフ

監督/宮崎彩

脚本/宮崎彩

編集/宮崎彩

撮影/倉持治

照明/佐藤仁

録音/堀口悠

浅井隆

美術/田中麻子

音楽/杉本佳一

助監督/杉山千果

吉田大樹

制作担当/泉志乃

長井遥香

配給/ムービー・アクト・プロジェクト

ミカタ・エンタテインメント

④主演(さくら/福田麻由子)関連作品

グッドバイ14

下妻物語/竜ヶ崎桃子(幼少期)役

HERO? 天使に逢えば/高瀬千夏(幼少期)役

同じ月を見ている/杉山エミ(幼少期)役

ギミー・ヘブン/路木麻里(幼少期)役

日本沈没/倉木美咲役

ハヴァ、ナイスデー 「夕凪」/あずさ役

シャーロットのおくりもの/ファーン・エラブル役

ピアノの森/丸山誉子(声)役

Little DJ〜小さな恋の物語/海乃たまき役

L change the WorLd/二階堂真希役

犬と私の10の約束/斉藤あかり(少女期)役

ヘブンズ・ドア/白石春海役

GOEMON/茶々(幼少期)役

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗/磯乃サナエ役

マイマイ新子と千年の魔法/青木新子(声)役

桜、ふたたびの加奈子/野口正美役

FLARE フレア/三井フレア役

サイドライン

恋愛奇譚集/ユリ役

疑惑とダンス

ラ/加瀬ゆかり役

蒲田前奏曲「呑川ラブソディ」/マチ子役

「福田麻由子」その他の情報はこちらから確認できます。

Wikipediaより引用

⑤「福田麻由子」関連作品を無料視聴する方法

グッドバイ7

「福田麻由子」関連作品をフルで観るためにイチ押しするサイトは“U-NEXT”です。

U-NEXTをイチ押しする理由は7つあります。

  • はじめての方限定の無料トライアル!なんと、31日間もたのしめる!

  • 毎月ポイントが1200円分手に入るので実質1000円くらいとお得な気分に!

  • 作品数ダントツNO.1!6.5万本以上も見放題

  • 20万冊を超える読み放題の漫画などが満載!

  • 自分の好きな作品をダウンロードしていつでもどこでも観れる!

  • アカウントが4つも管理できる

  • 作品が4K画像というキレイな映像で楽しめる!

他のサイトの料金やイチ押しする部分などを比較しました。

 ※◯:有り △:追加料金あり ×:無し

2,189円(税込)

U-NEXTは料金は少し高めですが、

毎月1200円分のポイントがもらえるので実質約1000円!

お得な気持ちになります。

そして無料期間がなんと!31日間と一番長く、動画の数もダントツで多いです。

31日間以内に解約すれば料金も一切かかりませんので、

お試しに31日間無料トライアルに登録してみる価値ありです。

⑥映画「グッドバイ」まとめ

グッドバイ15

子離れと言う言葉はよく聞かれますが、

親離れと言うのは中々聞く事はありません。

本作品での父親は、主人公さくらが幼い頃にすでに娘と離れているため、

子離れはできているはず。

逆にさくらは父親との距離が幼い頃より離れているため、

こちらも親離れに関しては問題なさそうな感じですよね。

しかし、仕事を辞めて新しく働き始めた保育園で、

父親と言う立ち位置にいる保護者の出現により、

本来それほど感じる事が無かった父親の存在。

ここからさくらの心の中で何かが変化を起こし始め、

物語の流れが変わり始めます。

本作品のポイントは親離れや家族と言うものにフォーカスされていると言う事。

本来なら小さい頃から、大人になるまでを一つの家で過ごし、

徐々に家族との距離が離れ、自然に親離れや子離れができる物。

しかし、その間の期間が無いさくらはこういった事を経験をしていない。

大人になってから、今までの距離が急に近くなる感覚はいったいどんな物なのだろう?

普通なら経験する事の方が稀な事を、

主人公さくら役の福田麻由子は演じ切っています。

主人公だけではなくその母親も旦那さんが戻ってくる事に対し、

どう感じたのか?

家を引き払う事を考えていたことから、

完全に無いものとして捉えていたように感じます。

しかし、春に戻ってくる事。

そこには少なからず、この2人の心の状態は、

いつもとは明らかに違うものになっていたはずですよね。

そして、園児の保護者である新藤と接する事によって、

さくらは父親と過ごした記憶が少しずつ蘇る。

これは当たり前の事ですが、意識外の事だったはずなのに、

思い出すには十分すぎる原因です。

果たして、父親が戻り昔の様に家族として過ごす事はできるのか?

さくらの心理の動きを描写されたこの作品。

気になる結末は劇場で!

コメント