総理の夫 あらすじは?原作者は? 田中圭、中谷美紀主演

総理の夫1邦画

映画 総理の夫

目次

①はじめに

・「総理の夫」の原作は?

・「総理の夫」の主人公は?

②あらすじ

③スタッフ・キャスト

④「田中圭」関連映画作品

・「中谷美紀」関連映画作品

⑤まとめ

☆映画 総理の夫 公式HP☆

①はじめに

総理の夫3

本作品は、近い未来のお話です。

史上最年少に加え、

史上初の女性の総理大臣が誕生するベストセラー

「総理の夫 First Gentleman」を、

田中圭さんと、中谷美紀さんのダブル主演で映画化されました!

総理大臣は、基本的に男性で、

それを支える妻と言った形がポピュラーですが、

本作品はまるで逆になっています!

そこから、話がどう発展していくのか、

見逃せない作品です!

・「総理の夫」の原作は?

総理の夫12

本作品の原作は、原田マハさん著書の

『総理の夫 First Gentleman』がベースになっています。

総理大臣が女性と言う面白い設定になっています!

・「総理の夫」の主人公は?

総理の夫17

本作品の主人公は、W主演になっています。

相馬日和役には田中圭さん・

相馬凛子役には中谷美紀が演じています。

②映画「総理の夫」のあらすじ

総理の夫10

「日和くん、もし私が総理大臣になったら、

何かあなたに不都合あるかな?」

鳥類学者である相馬日和(田中圭)の妻は、

少数野党の党首をしているのだが、

意味深な言葉をかけてきた。

その言葉の意味を知りたくても、はぐらかされたりする。

総理の夫6

そして、野鳥観察に出張し、

電波の届かない所での生活を終わらせていたのだが…。

なんと、その間に歴史上の事件ともいえる出来事、

妻が総理大臣になっていた!!

政界に詳しくはないが、

妻を助ける為に応援しようとした日和は、

予想できない日々に巻き込まれていく!

総理の夫13

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

③映画「総理の夫」キャスト/スタッフ

総理の夫14

キャスト

相馬日和役/田中圭

相馬凛子役/中谷美紀

総理の夫8

スタッフ

監督:河合勇人

原作:原田マハ

脚本:松田沙也、杉原憲明

配給:東映、日活

製作:「総理の夫」製作委員会

総理の夫4

④「田中圭」関連映画作品

総理の夫18

いま、会いにゆきます/澪の大学の友人役

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない/木村翔太役

スマホを落としただけなのに/富田誠役

劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜/主演・春田創一役

mellow/主演・夏目誠一役

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼/富田誠役

哀愁しんでれら/泉澤大悟役

ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜/主演・西方仁也役

総理の夫/主演・相馬日和役

「田中圭」その他の情報はこちらから

Wikipediaより引用

・「中谷美紀」関連映画作品

総理の夫19

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer/柴田純役

ホテルビーナス/ヒロイン・ワイフ役

約三十の嘘/ヒロイン・宝田真智子役

電車男/ヒロイン・エルメス役

嫌われ松子の一生/川尻松子役

シルク/マダム・ブランシェ役

ゼロの焦点/室田佐知子役

ひまわりと子犬の7日間/五十嵐美久役

リアル〜完全なる首長竜の日〜/相原栄子役

総理の夫/相馬凛子役

「中谷美紀」その他の情報はこちらから

Wikipediaより引用

⑤映画「総理の夫」まとめ

総理の夫16

設定の時点で、参りましたと言わせるくらい

素晴らしい切り口の映画です!

映画な訳ですから、

これくらいの事をしても問題ないですからね。

物語の中では、歴史上、

今まで起こった事が無い出来事が、

2つも起こり展開していくのですが、

凛子も確かに大変な事だとは思いますが、

実はそれよりも大変なのは旦那である日和。

政界とは縁のない世界で、のんびり過ごしていたのに、

急に、総理大臣の旦那になり、

影で支える事を余儀無くされてしまう。

内閣総理大臣と言う仕事自体、

本来ならサポートなどが居なければ、

絶対にできない仕事ですし、

内助の功は必ず必要になりますからね!

何をするべきか、

そして何をしなければいけないか?

それさえ分からない。

そこまで考えずに、

日和は手伝う事を宣言してしまっています。

総理などを題材にした作品の多くはダーク、

もしくはシリアスな物になってしまいがちです。

なのにも関わらず、性別を逆にする事で視点が変わり、

コメディの様な要素が混じる事で、

かなり見やすい作品に変わります。

そして、進行する毎に起こる様々なトラブルも、

旦那さんである、

ファーストジェントルマンの日和の職業は、

おっとりしている物。

この緩急が、物語を更に面白くするスパイスになっていて、

本来の黒い政界の様なお話にならず、

応援をしたいと言う気持ちにさせる事で、

どんどん物語にのめり込むことに。

もし、この話のような事が、

現実に今の日本で起こったとしたら?

そんな考えをすると中々楽しい想像が膨らみます。

今まで、当たり前だと思っていたことを覆すと言う事は、

基本的に難しいのですが、

チャレンジする事で何かが変わります。

その変化って、生きてる上でかなり大切な事。

この作品は、大前提をひっくり返した面白い発想の作品です!

正直頼りない旦那さんだと思いますが、

劇場で彼をしっかり応援しながら、

面白い時間を楽しく過ごしましょう!

コメント