私は確信する あらすじは?原作は?実話??ヒッチコック作品が影響している?

私は確信する1洋画

映画 私は確信する

目次

映画『私は確信する』予告編

①はじめに

・映画「私は確信する」概要

②映画「私は確信する」あらすじ

③映画「私は確信する」について

 ・原作は?

 ・実話??

 ・裁判サスペンス

④スタッフ・キャスト

⑤アルフレッド・ヒッチコック関連作品を無料視聴する方法

⑥映画「私は確信する」まとめ

 

映画 私は確信する 劇場予告編

映画 私は確信する 公式HP

映画 私は確信する 公式Twitter

映画 私は確信する 公式Facebook

映画 私は確信する 公式Instagram

 

①はじめに

・映画「私は確信する」概要

 

私は確信する4

 

本作、内容を理解することに時間がかかります。

最近、理解に時間がかかる映画だと「テネット」などがありましたね。

しかし、本作はそれとは異質の難解さ。

SFではなく実話。

ファンタジー要素はなくあくまでリアルです。

何がそこまで本作を難しくしているのか。

本作は一つの事件について、裁判で争う内容となっているのですが、

なにぶん登場人物が多いです。

その人物たちの相関図が比較的入り組んでおります。

気になる方は、公式HPを確認してみてください。

事件に関わった人間の相関図がでております。

そして、事件に用いられたトリックが非常に複雑です。

物語の進行とともに解き明かされていく真実。

本国フランスでは40万人を導入した大ヒット作だそうです。

日本での公開は2月12日となっております。

②映画「私は確信する」あらすじ

 

私は確信する5

 

これは実話をもとに作られた映画です。

場所はフランス。トゥールーズ。

時は200年2月。

スザンヌ・ヴィギエ。38歳。女性。

彼女は3人の子供を残し突然姿を消すのであった。

殺人の容疑にかけられたのは夫。ジャックであった。

しかし明確な動機がない。

決め手となる証拠も見つからない。

 

私は確信する7

 

そのためジャックは第一審では無罪となる。

しかし、すぐさま検察に告訴され、第二審が行われる。

再び殺人罪を問う裁判が行われるのであった。

無罪であることを確信していたシングルマザーのノラは、

敏腕弁護士デュポンに弁護を依頼する。

そして自らも助手として事件を調査し、

明かされていない真実にたどり着くのであった。。

 

私は確信する8

 

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

2,189円(税込)

③映画「私は確信する」について

・原作は?

 

私は確信する10

 

本作の内容のもとになっている話は、

実際にフランスで起きたヴィキエ事件“となっております。

この事件。未解決です。

その未解決事件が本作にて映画化となりました。

元となったヴィキエ事件の、実際のいきさつが公式HPに掲載されております。

 

・実話??

 

私は確信する23

 

本作の元となっている話。ヴィキエ事件。

ちなみに公式にてヒッチコック狂による完全犯罪。

と題されておりますが、犯人がヒッチコック狂なわけではありません。

まず本作のヴィキエ事件の犯人は判明しておりません。

未解決事件となっております。

おそらく、ヒッチコック監督の1953年に上映された、

「私は告白する」という映画のタイトルに、

本作のタイトルがなぞっていることから、謳われたものかと思われます。

内容としても、ヒッチコック監督の映画を想起させるようなシーンが、

あるかもしれませんね。

 

・裁判サスペンス

 

私は確信する3

 

ジャンルとしては裁判サスペンスの本作。

現実では未解決であるヴィキエ事件。

作中では、果たして膨大な真実の中から、

真実にたどり着けるのでしょうか。

まさに手に汗握る展開となるでしょう。

明かされていく多くの真実。

事件の真相はどこにたどり着くのでしょう。

真犯人は誰なのでしょう。

必見の一作となりそうです。

④スタッフ・キャスト

キャスト

 

私は確信する24

 

ノラ:マリナ・フォイス

エリック・デュポン=モレッティ:オリヴィエ・グルメ

ジャック・ヴィギエ:ローラン・リュカ

フィリップ・ウシャン

インディア・ヘア

スタッフ

 

私は確信する25

 

監督 アントワーヌ・ランボー

脚本 アントワーヌ・ランボー

  イザベル・ラザール

製作 カロリーヌ・アドリアン

音楽 グレゴワール・オージェ

撮影 ピエール・コッテロー

配給 日本 セテラ・インターナショナル

⑤アルフレッド・ヒッチコック関連作品を無料視聴する方法

私は確信する26

アルフレッド・ヒッチコック関連作品をフルで観るために

イチ押しするサイトは“U-NEXT”です。

U-NEXTをイチ押しする理由は7つあります。

  • はじめての方限定の無料トライアル!なんと、31日間もたのしめる!

  • 毎月ポイントが1200円分手に入るので実質1000円くらいとお得な気分に!

  • 作品数ダントツNO.1!6.5万本以上も見放題

  • 20万冊を超える読み放題の漫画などが満載!

  • 自分の好きな作品をダウンロードしていつでもどこでも観れる!

  • アカウントが4つも管理できる

  • 作品が4K画像というキレイな映像で楽しめる!

他のサイトの料金やイチ押しする部分などを比較しました。

 ※◯:有り △:追加料金あり ×:無し

 

2,189円(税込)と

U-NEXTは料金は少し高めですが、

毎月1200円分のポイントがもらえるので実質約1000円!

お得な気持ちになります。

そして無料期間がなんと!31日間と一番長く、動画の数もダントツで多いです。

31日間以内に解約すれば料金も一切かかりませんので、

お試しに31日間無料トライアルに登録してみる価値ありです。

⑥映画「私は確信する」まとめ

 

私は確信する2

 

監督であるアントワーヌ・ランボーは、

本作「私は確信する」が、長編映画のデビュー作となっております。

本作を撮る前は、4本短編映画を撮っていたそうです。

製作した短編映画は、様々な賞を獲得してきております。

そんな作品を撮ってきたアントワーヌ・ランボーは本作について、

実際の裁判からアイディアを得ており、

現代司法の在り方をめぐり、抗争を練ったとのことです。

本作の公開は、当初、小規模な劇場での公開であったものの、

観客からの口コミにより評判は広がり、

最終的に40万人の観客を、導入するまでに及んだそうです。

公式にて”ヒッチコック狂による完全犯罪”と謳われた本作。

このヒッチコック狂というのは、

アントワーヌ・ランボー監督のことでしょう。

本作のタイトルは、おそらくヒッチコック監督の、

1953年に上映された「私は告白する」という、

映画のタイトルになぞらえたものでしょう。

ですが、はたしてそれだけそれだけなのでしょうか。

ヒッチコック監督といえば、含みのある描写を作ることで、

映画ファンから長年愛され続け、

様々なジャンルにて、人々の記憶に残る作品をつくりあげてきました。

そんなヒッチコック監督に、

インスピレーションを受けたアントワーヌ・ランボー監督。

日本の広告を打った方も、決してタイトルが似ているから。

という安直な理由でコピーを謳ってはいないでしょう。

おそらくわかる人にはわかるような描写があると思われます。

これを探すのも本作の一つの楽しみ方かもしれませんね。

劇場での公開日は2月12日。

是非劇場で見てみたいものです。

コメント