アニメ映画 新海 誠監督作品『秒速5センチメートル』懐かしい気持ちにさせる作品

秒速5センチメートル③アニメ映画

アニメ映画  新海 誠監督作品 『 秒速5センチメートル 

目次

 

前書き

作品紹介

・あらすじ

・ネタバレ・感想

・キャスト・スタッフ

作品について

「秒速5センチメートル」を無料で見る方法

前書き

 

秒速5センチメートル⑥

 

「君の名は。」で有名な新海誠監督の作品です。

 

少年、少女の回想も含めた3本の構成の映画です。

 

自身の作品で多くの工程を自ら務める新海が本作でも

 

脚本・絵コンテ・演出・音響監督などを担当しています。

 

そんな本作を無料で見る方法からネタバレまで本記事では紹介します。

 

作品紹介

 

秒速5センチメートル①

あらすじ

 

二人の幼馴染が成長と共にその恋愛について振り返る



・ネタバレ・感想

 

貴樹が十七年前、彼が小学六年生の頃を

 

回想するところから始まります。

 

明里という同級生がおり、両親の都合で転校が多い、

 

というお互いの境遇から仲良くなります。

 

ある日、明里は栃木に引っ越すことになります。

 

二人は別々の中学に進学しますが、

 

文通は欠かさずお互いのことを意識していました。

 

中学一年の三学期になると、貴樹が鹿児島の離れた土地に

 

引っ越すことになります。

 

中々会うのが難しいことから、二人は最寄りの駅で会う約束をします。

 

そして二人は少し離れた桜の樹の下で初めてのキスをします。

 

翌朝、明里は『貴樹くんは、この先も大丈夫だと思う』

 

と声を掛けます。

 

この時、貴樹は渡すはずの手紙をなくしてしまい、

 

渡すことが出来ませんでした。

 

そして別れます。

 

転校先では貴樹は同級生の花苗から好意を持たれます。

 

彼はそんな彼女に声をかけ一緒に帰ります。

 

しかし彼の目はどこか冷ややかでした。

 

貴樹は花苗を逆に傷つけてしまうのでした。

 

明里との再会から15年後の貴樹は五年近く勤めた会社を

 

やめてしまいます。

 

それまでの間に人並みに友人や恋人をつくり

 

遊んできましたが、心の底では

 

『貴樹くん、あなたはきっと大丈夫だよ』

 

という言葉を望んでいたのでした。

 

一方の明里は結婚することに。

 

東京に行くために荷物を整理する中で

 

貴樹に渡すはずだったラブレターを見つけます。

 

そこで貴樹のことを思い返すのでした。

 

その手紙の内容は、場所がどんなに離れていても

 

貴樹のことが好きだという明里の気持ちが綴られていました。

 

休みの日、踏切で貴樹は一人の女性とすれ違います。

 

貴樹が振り返ると、女性もまた振り返って

 

貴樹のことを見ていました。

 

彼女は恐らく明里?

 

しかしそれはどうでもいい、と二人は新たな生活を始めるのでした。

 

 

多少、未練たらしいなという印象はありました。

 

小学生の時の初恋をそうそう長くひっぱれるものなのか、という…。

 

あとエンディングで山崎まさよしさんの音楽が流れるのですが

 

タイミングが良すぎて演出に凝っているなと感じました。

 

アニメーションならではの脚本でした。

 

そして背景は素晴らしいです。

 

駅の場面があるのですが写真かな、と二度見するくらいでした。

 

・キャスト・スタッフ

 

声の出演

 

(遠野貴樹)

水橋研二

 

(篠原明里(第1話「桜花抄」))

近藤好美

 

(澄田花苗(第2話「コスモナウト」))

花村怜美

 

(篠原明里(第3話「秒速5センチメートル」))

尾上綾華

 

監督

新海誠

 

原作

新海誠

 

アニメーション制作

新海誠

 

コミックス・ウェーブ・フィルム

 

音楽

天門

 

脚本

新海誠

 

作品について

 

秒速5センチメートル④

・タイトルについて

 

題意は花弁が舞い落ちる速度で、

 

明里が学生の頃、貴樹にいった言葉でもあります。

 

また映画のキャッチコピーは、

 

「どれほどの速さで生きればきみにまた会えるのか」だそうです。

 

・発表と受賞

 

2007年 アジア太平洋映画賞の最優秀アニメーション映画賞

 

イタリアのフューチャーフィルム映画祭にて

 

最高賞にあたる「ランチア・プラチナグランプリ」

 

も受賞しています。

 

メディアファクトリー刊

 

『ダ・ヴィンチ』誌上で同作の小説も連載され、

 

単行本化も実現します。

 

後に出版や再放送されるようになります。

 

・映画の舞台

 

1990年代が舞台なんだそう。

 

一話:

東京の世田谷、新宿、栃木県  

※再会した駅名は岩舟駅という。

映画公開後の訪問者が増えたそうです。

 

二話:

鹿児島県

 

三話:

新宿副都心

 

「秒速5センチメートル」を無料で見る方法

 

無料視聴したいならU-NEXTがおススメです。

 

理由は

 

・31日間も無料体験期間がある

 

・見放題作品数が19万本と業界最多

 

・毎月1200円分のポイントが付与され

 

お得にレンタル作品が視聴できる

 

・ダウンロードができ、

 

旅先で視聴可能

 

・漫画や電子書籍が読める

 

・4K画質

 

・アカウント作成が4つまで可能

 

サイト別に比較してみましょう

 



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990円

31日

見放題作品がダントツで多い

TV

500円

30日

料金が安い

Amazonプライムビデオ

500円

30日

料金や作品すなどバランスがいい

TUTAYA TV

933円

30日

DVDの宅配サービスがある

ビデオマーケット

500~2000円

初月

料金設定が4種類

 

U-NEXTは、料金が高めですが

 

毎月1200円分のポイントが付くので

 

無放題サービスに加えて有料のレンタル

 

作品もお得に見ることが出来ます。

 

そして何より無料期間中に退会することで

 

支払いが請求されません。

 

19万本も見放題なので自分にあった作品が

 

きっとあると思います。

 

無料体験をしない手はありません。

コメント