スポンサーリンク

映画 ハリー・ポッターと賢者の石  傑作ファンタジー ラドクリフは現在どんな活動を?

スポンサーリンク
ハリー・ポッターと賢者の石2洋画
スポンサーリンク

映画 ハリー・ポッターと賢者の石 

スポンサーリンク

目次

 

ハリー・ポッターと賢者の石1

 

・前書き

 

・無料視聴する方法

 

・作品紹介

 

・スタッフ・キャスト

 

・主演「ラドクリフ」の現在の活動について

 

・あらすじ

 

・ネタバレ

 

前書き

 

ハリー・ポッターと賢者の石6

 

1997年にJ・K・ローリングが書き上げた

 

ハリー・ポッターシリーズが原作の第1弾。

 

2001年にワーナーブラザーズ製作で創作が行われ、

 

監督にクリス・コロンバスが抜擢されました。

 

そして、ハリー・ポッターシリーズの顔となる主演

 

「ダニエル・ラドクリフ」がハリーを演じました。

 

日本でも同年に公開され、日本での人気は

 

「千と千尋の神隠し」と「タイタニック」に次ぐ3位で興行収益も

 

申し分ありませんでした。

 

この記事では、この作品を無料で視聴する方法やあらすじ・ネタバレのほかに

 

主演のラドクリフの現在の活動について紹介したいと思います。

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」を無料視聴する方法

 

ハリー・ポッターと賢者の石7

 

無料視聴するならU-NEXTがおすすめです。

 

その理由は、

 

・見放題作品数が19万本と業界最多

 

・無料体験期間が31日と長い

 

・毎月1200円分のポイントが付与され、レンタル作品をお得に視聴

 

・漫画や電子書籍も読むことができる

 

・ダウンロード機能で旅先での視聴可能

 

・4K画質

 

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990

31

見放題作品がダントツで多い

Amazonプライムビデオ

500

30

作品数と料金のバランスがいい

TUTAYA TV

933

30

DVDのレンタル宅配が使える

ビデオマーケット

500~2000

初月

料金設定が4種類

dTV

500円

初月

とにかく安い

 

U-NEXTは料金が他のサイトに比べて高く見えますが、

 

見放題作品が19万本と業界最多であり、

 

毎月1200円分のポイントが付くことでレンタル作品もお得に視聴できます。

 

また、無料の体験期間が31日もあり、

 

その期間に解約すると料金の支払いが起こらないため十愛は無料で見れてしまいます。

 

気になる方は試してみて損はしないと思います。

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」作品紹介

 

ハリー・ポッターと賢者の石13

 

1997年に発行された原作「ハリー・ポッターシリーズ」の

 

第1弾として2001年にワーナーブラザーズ制作の元に映画されました。

 

監督は、クリス・コロンバスが担当し、

 

主演はこの作品がキッカケで大ブレイクした「ダニエル・ラドクリフ」が演じました。

 

物語は、両親を亡くした少年ハリーが、

 

11歳になるのを目前にしたころ魔法学校からの入学許可証が届きます。

 

周囲の反対を押しのけ、ハリーは入学を決し、

 

魔法学校での冒険ファンタジーが始まるのでした。

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」スタッフ・キャスト

 

ハリー・ポッターと賢者の石5

 

スタッフ

 

監督:クリス・コロンバス

 

脚本:スティーブ・クローブス

 

制作:マーク・ラドクリフ

 

    デヴィッド・ハイマン

 

    マイケル・バーナサン

 

キャスト

 

ハリー・ポッター役:ダニエル・ラドクリフ

 

ロン・ウィーズリー役:ルパート・グリント

 

ハーマイオニー・グレンジャー役:エマ・ワトソン

 

アルバス・ダンブルドア役:リチャード・ハリス

 

ミネルバ・マクゴナガル役:マギー・スミス

 

ルビウス・ハグリッド役:ロビー・コルトレーン

 

セブルス・スネイプ役:アラン・リックマン

 

フィリウス・フリットウィック役:ワーウィック・デイヴィス

 

主演「ラドクリフ」の現在の活動や関連作品について

 

ハリー・ポッターと賢者の石10

 

主な出演作品

 

・「ハリー・ポッターシリーズ」

 

・「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」

 

・「スイス・アーミー・マン」

 

・「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

 

現在の活動

 

ハリー・ポッターと賢者の石8

 

2001年に瞬く間に人気となったハリー役のダニエル・ラドクリフは、

 

若くして得た名声とは裏腹に苦労も多かったようです。

 

10代の頃よりタバコや飲酒に依存するようになり、ニュースでも数多く報道され、

 

一度禁酒に成功するも2012年に再発し、ケンカ騒ぎを起こしてしまいます。

 

その後再び禁酒しています。

 

その頃から、群発頭痛を発症し毎日とてつもない頭痛に

 

さいなまれることになったそうです。

 

それから毎日、服薬し管理しているとのこと。

 

また、2007年頃より「ハリー」の印象を払拭したいラドクリフは、

 

舞台での俳優業にも算出するようになります。

 

そして、現在も舞台俳優やハリウッド俳優としても活動は継続しています。

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」あらすじ

 

ハリー・ポッターと賢者の石18

 

1991年のイギリス・ロンドンにハリー・ポッターという少年がいました。

 

彼が、11歳の誕生日を迎えようとしているころです。

 

ハリーの家に怪しげな手紙が届きます。

 

そこには「ホグワーツ魔法学校」と書いてありました。

 

それを受け取ったのは、ハリーの両親の死後、

 

彼を引き取り育てている「バーノン」でした。

 

ハリーは階段下にある物置部屋に部屋を与えられひっそりと暮らしており、

 

バーノンはその手紙をハリーに見せることはなく数日が過ぎます。

 

しかし、手紙は毎日送られてきて、どんどん溜まる一方。

 

バーノンはハリーを連れて家を出て逃げようとします。

 

手紙はそんなことお構いなしで、どこまで逃げてもどこに行っても

 

手紙は毎日届きます。

 

しかし、バーノンたちダーズリー一家は、ある大男に出会います。

 

男の名前は「ルビウス・ハグリッド」。

 

そして、ハリーはダーズリー家が隠していた真実をハグリッドから聞くのでした。

 

ハリーの両親は事故だったと聞かされていましたが、

 

実は「魔法使いの仕業」だったというのです。

 

その魔法使いは「ヴォルデモート卿」といい最凶と言われた魔法使いでした。

 

彼は、ポッター一家を襲撃しハリーをも殺そうとしたそうですが、

 

ハリー・ポッターと賢者の石9

 

魔法が自分に跳ね返り消滅。

 

魂だけが何処かへ逃げて行ったというのです。

 

この事件から「一人だけ」生き残ったというハリーは魔法世界で有名でした。

 

真実を知ったハリーは、ホグワーツへの入学を決意し翌日にホグワーツ急行に乗ります。

 

そこでは、同時期に入学するという「ハーマイオニー・グレンジャー」と

 

「ロン・ウィーズリー」という仲間に出会います。

 

3人は意気投合し仲良くなるのでした。

 

無事入学を果たした3人は、入学式で行われる住む寮を決める

 

「組み分け帽子」のイベントに参加しました。

 

そこでハリーは、これまで何度かあったが、

 

充血主義を理由にそうでないものを蔑むドラコ・マルフォイを嫌っていたが、

 

帽子はドラコ・マルフォイのいるスリザリンを選ぶように奨めるのでした。

 

しかし、やはりドラコが嫌いなハリーは、「グリフィンドール」を選び

 

ロンと同じ寮に入ることになるのでした。

 

ハリーとロンは汽車の中で意気投合していたためすでに親友であり、

 

魔法の使い方を知らないハリーに指導をしてくれるのでした。

 

そこへもう一人の汽車での同行者であるハーマイオニーが合流。

 

しかし、ハーマイオニーのしっかりとした性格が自由なロンとは合わず

 

喧嘩になるのでした。

 

そんな気まずい雰囲気の中、ハロウィンの日に事件が起きます。

 

ハリー・ポッターと賢者の石21

 

ハーマイオニーがトロールに襲われるのでした。

 

これを救うため森に行き、ハリーとロンは無事に救出することができました。

 

これにより3人の絆は強くなり、喧嘩の仲直りもできたのでした。

 

しかし、この時ハーマイオニーは一人だけ怪しい行動をしていたという男を

 

見たと言います。

 

その男は、「セブルス・スネイプ」といい学校の教師の1人でした。

 

事件に関係があるかと思ったハリーたちは、ハグリッドに相談しますが、

 

スネイプはダンブルドア学長の信頼も厚くこれを否定します。

 

しかし、ハグリッドは口を滑らせ「ニコラス・フラメル」という

 

人物の事を話してしまいます。

 

直後ハグリッドははぐらかしこれ以上の事は教えてくれませんでした。

 

不可解に思いう3人は、図書館でその男について調べることを決意します。

 

こうしてハリーたちはこの魔法学校で起きる問題にかかわっていくことになるのでした。

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」ネタバレ

 

ハリー・ポッターと賢者の石20

 

ハリーたちはハグリッドが言いかけたことが気になり、

 

ニコラス・フラメルについて調べに図書館へ行くことにしました。

 

クリスマス休暇にさしかかった頃、ハリーは学校に残っていました。

 

そこへ誰からか分からないプレゼントが届きます。

 

それは「透明マント」といい、羽織ると周囲からは認識されなくなるマントでした。

 

ハリーは、これを使い図書館へ忍び込むことを考えました。

 

深夜、ハリーは図書館に忍び込みフラメルについて調べようとしますが、

 

魔術が掛かった禁書の本棚に触れたことで管理人に知られそうになり、

 

身近にあった部屋に飛び込み、ことなきを得ました。

 

ハリーが周囲を見渡すと鏡があります。

 

興味本位でのぞくハリーは、その鏡から両親といる自分を見ます。

 

驚いたハリーは、翌日にロンを連れて鏡を再び覗き込むことに。

 

すると今度は、ロンが大成功し栄光を手にしている景色が見えました。

 

これに喜んだ二人は、3日目にハーマイオニーを連れてきます。

 

しかし、そこにはダンブルドア学長が。

 

ダンブルドアはこの鏡の逸話を聞かせます。

 

その昔、鏡の魅力に取り込まれ発狂したものがいると。

 

ハリーたちへ鏡の事は忘れ二度と探さないようにと忠告するのでした。

 

それから休暇が終わり学校が再開すると3人はフラメル正体を

 

ハリー・ポッターと賢者の石12

 

ようやく知ることができます。

 

フラメルとは、ダンブルドアの友人で「錬金術師」というのです。

 

彼が作り上げた不思議な石「賢者の石」は、金や黄金にも帰ることができ、

 

飲むことで不老不死になれると言われており、

 

スネイプの不可解な行動はこの賢者の石を盗み出すことだと確信するのでした。

 

しかし、ハグリッドにはこれを否定されてしまい3人はガッカリします。

 

そんな時、別の問題が起こりました。

 

ある酒場に非合法のドラゴンの卵を孵化させ飼育している話が入るのです。

 

その酒場は、育つドラゴンに手を焼くようになり、

 

大きくなり過ぎたドラゴンを上手く育てることが出来ないでいた。

 

そこへ、ロンの兄でドラゴン研究者のチャーリーとその友人に協力してもらい

 

夜間にこっそり逃がすことに成功。

 

しかし、マルフォイが計画を盗み聞きしており途中で妨害してしまうため、

 

マルフォイを含めてフィルチに捕まるのでした。

 

この事件からハリーは罰として禁じられた森でハグリッドを手伝うように

 

指示されるのでした。

 

ハリー・ポッターと賢者の石19

 

そうして、仕事を手伝っているとハリーはユニコーンの血を吸っている

 

何かを目撃します。

 

マントで姿の見えない「何者か」はハリーに気付くと襲い掛かってきました。

 

寸前のところでケンタウロスに助けられことなきを得たハリーはそれが、

 

ヴォルデモート卿であることを知るのでした。

 

そして、ヴォルデモートが肉体を取り戻すために「賢者の石」を狙っていることも。

 

そんな危険が迫る中、ダンブルドア学長が急遽呼び出され、学校を出ることに。

 

ハリーたちは、この間にスネイプが賢者の石を狙うことを確信し、

 

密かに内通者の後を追います。

 

その道は賢者の石が保管されている一室に続いており、

 

数々の罠を潜り抜けることになりました。

 

ロンは巨大チェスに挑みハリーを行かせるために犠牲となり気絶、

 

ハーマイオニーはパズルを解くもこのことを知らない

 

ダンブルドアへ状況を知らせるようにハリーから依頼され、

 

ダンブルドアの元に急ぐのでした。

 

ハリーは1人最後の部屋に入ります。

 

しかし、そこで待っていたのはスネイプではなく「クィレル」でした。

 

クィレルはスネイプに脅されていた人物で、彼こそが内通者。

 

ここでハリーは思い違いをしていたことを知るのでした。

 

ハリー・ポッターと賢者の石11

 

クィレルはターバンを外すとその後頭部には「ヴォルデモート」が。

 

彼に憑依しここまで来ていたのです。

 

そして、この部屋にはなんとあの鏡がありました。

 

クィレルは、「鏡に隠された賢者の石」を取り出そうとします。

 

しかし、クィレルは弾かれ取ることが出来ません。

 

そして鏡はハリーの元へ。

 

ハリーは、鏡に手を近づけると石はハリーの元へたやすく移りました。

 

ヴォルデモートはこれに怒り、クィレルにハリー殺し手に入れるよう指示しますが、

 

クィレルはハリーに触れた瞬間に燃えてしまい息絶えるのでした。

 

これによりヴォルデモートは体を無くし再びどこかへと逃げていきます。

 

ハリーは気を失い、気が付くと医務室でした。

 

そこへダンブルドア学長が見舞いに訪れ、これまでの経緯を説明してくれたのです。

 

スネイプは、クィレルの内通を知っており彼を追っていたこと、

 

陰でハリーを助けていたこと。

 

そして、賢者の石にについて。

 

賢者の石は、「使いたい者」ではなく「見つけたい者」が手にできるように仕組まれ、

 

これをダンブルだとフラメルが決めていたことを微笑みながらハリーに伝えるのでした。

 

最後にクィレルが燃えた理由は、ハリーの母親が最後に掛けた

 

守りの魔法のおかげだという。

 

ハリーは母親に感謝し笑うのでした。



感想・まとめ

 

ハリー・ポッターと賢者の石3

 

この作品は、老若男女問わず楽しめる話です。

 

魔法のが使える世界というファンタジーだけでなく、

 

家族愛や友情などとても心温まる内容になっていると思います。

 

上映されたときは全世界が注目し、日本中もハリポタブームになりました。

 

今でも古さを感じさせず、当時最先端を行っていたのだと痛感しました。

 

本は分厚くとっつきにくいという方やファンタジーもので

夢を見たいという方に是非おすすめの作品です

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いそをフォローする
スポンサーリンク
無料動画配信 / いそブログ

コメント