スポンサーリンク

ザ・ウォーカー 環境汚染が続く中、現状の幸運と大切さを問うストーリー

スポンサーリンク
ザ・ウォーカー2洋画
スポンサーリンク

デンゼル・ワシントン主演 ザ・ウォーカー

スポンサーリンク

目次

 

ザ・ウォーカー3

 

・前書き

 

・無料視聴する方法

 

・作品紹介

 

・スタッフ・キャスト

 

・デンゼル・ワシントン関連作品

 

・あらすじ

 

・ネタバレ

 

・感想・まとめ

 

前書き

 

ザ・ウォーカー15

 

文明が滅びた世界を描いたSFアクション映画。

 

関東は、アルバート・ヒューズが担当し、主演はデンゼル・ワシントンが演じました。

 

この作品には、映画「マトリックス」の制作にも携わった

 

「ジョエル・シルバー」も制作に参加しています。

 

2010年にアメリカと日本で公開されました。

 

この記事では、無料視聴する方法やあらすじ・ネタバレのほかに

 

デンゼル・ワシントンの関連作品を紹介します。

 

デンゼル・ワシントン主演「ザ・ウォーカー」を無料視聴する方法

 

ザ・ウォーカー7

 

無料視聴するならU-NEXTがおススメです。

 

その理由は

 

・見放題作品数が19万本と業界最多

 

・無料体験期間が31日と長い

 

・毎月1200円分のポイントが付与され、お得にレンタル作品の視聴が可能

 

・漫画や電子書籍も読むことができる

 

・ダウンロード機能で旅先で視聴可能

 

・4K画質

 

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990円

31日

見放題作品がダントツで多い

Amazonプライムビデオ

500円

30日

作品数と料金のバランスがいい

TUTAYA TV

933円

30日

DVDの宅配便が利用できる

 

U-NEXTは料金が高く感じますが、毎月1200円分のポイントが付与され、

 

それを利用することでレンタル作品の視聴や購入が可能であり、

 

お得に楽しむことができます。

 

また、無料体験期間は31日と長く、

 

その間に19万本の見放題作品を楽しむことができます。

 

無料期間に解約することで支払いは発生せず無料で楽しむことができるので、

 

気になる方は試してみて後悔はないと思います。

 

デンゼル・ワシントン主演「ザ・ウォーカー」作品紹介

 

ザ・ウォーカー10

 

監督は、アルバート・ヒューズが担当し、

 

主人公の「旅人」をデンゼル・ワシントンが演じました。

 

舞台は、地球で最終戦争が起きた後の話。

 

国家・文明がなく、水は平等に与えられず入手が困難となった世界で、

 

街の支配者として君臨する男と「聖書」に導かれて永住すること無く旅を続ける

 

「旅人(ウォーカー)」が描かれる物語。

 

映画「ザ・ウォーカー」スタッフ・キャスト

 

ザ・ウォーカー9

 

スタッフ

 

監督:アルバート・ヒューズ

    アレン・ヒューズ

 

脚本:ゲイリー・ウィッター

 

制作:ジョエル・シルバー

 

    アンドリュー・A・コソープ

    ブロデリック・ジョンソン

    デンゼル・ワシントン

    デビッド・バルデス

 

キャスト

 

イーライ役:デンゼル・ワシントン

 

ビリー・カーネギー役:ゲイリー・オールドマン

 

ソラーラ役:ミラ・クニス

 

クローディア役:ジェニファー・ビールス

 

レッドリッジ役:レイ・スティーヴンソン

 

ジョージ役:マイケル・ガンボン

 

マーサ役:フランシス・デ・ラ・トゥーア

 

エンジニア役:トム・ウェイツ

 

デンゼル・ワシントン関連作品

 

ザ・ウォーカー34

 

セクシー俳優デンゼル・ワシントンの関連作品を紹介します。

 

・「ボーン・コレクター」

:同名小説が原作の車いす探偵が活躍するサスペンス映画

 

・「ザ・ハリケーン」

:アメリカの伝記映画で黒人差別問題を題材とした映画

 

・「タイタンズを忘れない」

:実話が元になっており、

肌の色が違う高校フットボール選手がスポーツを通じて打ち解けていく青春映画

 

・「デジャヴ」

:海上で起きた爆破テロ事件のアメリカSF・サスペンス映画

 

・「フライト」

:航空機パイロットが、英雄か罪人かに揺れるサスペンス映画

 

・「マグニフィセント・セブン」

:日本の「七人の侍」が大元になっているアクション映画

 

映画「ザ・ウォーカー」あらすじ

 

ザ・ウォーカー39

 

地球は、昔起きた「最終戦争」が引き金で国や文明が滅び、水や食料が枯渇し

 

食料は動物や殺し合った末に倒した相手の「人肉」などを使い人々は生きていた。

 

ある荒野で一人の男が旅をしていました。

 

男は、「イーライ」といい「止まるな、歩き続けろ」と自分に言い聞かせ

 

「西」に向かっていました。

 

イーライが歩いていると一人の女性がカートを倒し、助けを求めていました。

 

イーライはそれが罠だと気づき、正体を現すように言うと男が3人現れました。

 

この世界では、奪い合いが基本の弱肉強食の世界でした。

 

ザ・ウォーカー21

 

イーライは「腕が無くなるぞ」と忠告しますが、男はかわまず挑発を繰り返します。

 

すると次の瞬間、「男の腕が飛んでいました」

 

イーライは、短剣で腕を切り落としたのでした。

 

男は横たわり、仲間たちが襲い掛かりますが、イーライは危なげなく撃退。

 

腕を無くした男も倒してしまい、イーライの実力は確かな物でした。

 

その後、イーライはある街に到着します。

 

そこは、「カーネギー」という男が支配している街でした。

 

カーネギーは、部下を使い「ある本」を探していたのですが、

 

部下は「字が読めず」本の種類もろくに分からないため、

 

毎度違う本を持ってくる部下に嫌気がしていました。

 

ザ・ウォーカー29

 

イーライは、その街で音楽危機の充電をメカニックに依頼し、

 

一人宿で食事をすることに。

 

水を依頼すると一匹の猫が近寄り、イーライはその猫を払いのけるのでした。

 

それを見ていたカーネギーの部下は、新参者の無礼が気に食わないと「いちゃもん」を

 

付けて脅してきます。

 

しかし、イーライは「揉め事」を起こしたくない忠告。

 

それに怒りを覚えた部下は、暴力に訴えようとしますが、

 

イーライは強くすぐにのしてしまいます。

 

面倒な事にならないよう、

 

その場を後にしようとするイーライですが部下の仲間が囲み、

 

襲い掛かってくるのでした。

 

ザ・ウォーカー13

 

苦戦はせずに応戦していましたが、騒ぎを聞きつけたカーネギーが現れ

 

争いを止めました。

 

戦いの腕を見込まれ、カーネギーに雇われないかと話をされます。

 

さらに「本は読めるか」と聞いたカーネギーにイーライは「毎日だ」と答え、

 

カーネギーの目的のために是が非でもほしいい人材となるのでした。

 

しかし、イーライも目的があるため拒否。

 

このまま去らせたくないカーネギーは、今夜は泊っていくように奨めるのでした。

 

ザ・ウォーカー37

 

イーライは、了承し部屋でくつろいでいると一人の女性が入っていきました。

 

女性は「ソラーラ」といい、暴動が起きていた時に居合わせた店員でした。

 

ソラーラは「感謝のサービス」として、自身の体を差し出そうとしますが

 

イーライはこれを拒否します。

 

しかし、ソラーラは引き下がらず部屋から出そうとするイーライに

 

「このまま帰ったら母さんが殴られる」といいます。

 

ソラーラは、カーネギーの指示でイーライから情報を引き出すように言われ、

 

来ていたのでした。

 

イーライは翌日嘘を着くようにソラーラに約束させ、部屋にいることを許可することに。

 

イーライの部屋でソラーラはある本を見つけます。

 

ザ・ウォーカー36

 

その本に触ろうとするとイーライは怒鳴り、ソラーラを止めるのでした。

 

「大事な本」だといい内容さえも教えてくれませんでした。

 

ガッカリするソラーラにイーライは食事を一緒に食べようと促し、

 

分けることにしました。

 

ソラーラはすぐに食べようとしますが、イーライに止められ感謝の言葉を

 

神に伝え始めます。

 

初めて聞く言葉にソラーラは興味を持ちますが、イーライはこれも

 

答えてくれませんでした。

 

次の日、カーネギーと母のクローディアが朝食をしているところに

 

ソラーラが帰ってきました。

 

ザ・ウォーカー22

 

カーネギーに何か情報がないかと問われたソラーラは「何も。無口だったから」と答え

 

本の事は隠しました。

 

しかし、クローディアと食事をしようとした際に「イーライが感謝の言葉」を

 

言っていたのを真似するのでした。

 

それにより、カーネギーに本の事がバレてしまうのでした。

 

イーライが口にしたのは本の一説で、カーネギーはそれを知っていたのです。

 

イーライの部屋に行くが彼は旅だったあとで、カーネギーはイーライが持っている

 

本を奪うために行動を開始するのでした。

 

映画「ザ・ウォーカー」ネタバレ

 

ザ・ウォーカー30

 

イーライは、旅の友になっている音楽機器をメカニック屋にとり言っていました。

 

そこへ、カーネギーの組織が待ち伏せをし、本を要求するのでした。

 

しかし、渡すことはもちろんなく。

 

カーネギーの部下たちと銃撃戦になるのでした。

 

イーライはい一人であるにも関わらず、敵を次々に倒しカーネギーの足に

 

銃弾を撃つことができました。

 

これにより、カーネギーの組織は撤退を余儀なくされ、

 

その隙にイーライは西に急ぐのでした。

 

暫く歩いていると、後ろからついて来ている女性に気付きます。

 

ザ・ウォーカー25

 

その正体は「ソラーラ」でした。

 

イーライは、危険だからついてこないように言いますが、一向に聞く気配がありません。

 

そこでイーライは、水のありかを教えることを条件に出すのでした。

 

ソラーラは承諾し、水のありかを教えます。

 

しかし、それはイーライの罠で彼女を部屋へ閉じ込めてしまうのでした。

 

「君は町の外がどれだけ恐ろしいか知らない」

 

「ここにいるんだ」

 

と言い残し立ち去りました。

 

ソラーラは、何とか部屋から抜け出すもイーライの姿はなく、

 

彼を追って西に歩き始めます。

 

すると「一人の女性が助けを求めて」倒れていました。

 

ザ・ウォーカー18

 

何も知らないソラーラは助けるために近寄りますが、

 

女性が「あなたには頼めない」と帰そうとするのでした。

 

しかし、ソラーラは察することができず、隠れていた男たちに捕まり

 

襲われそうになるのでした。

 

そこへイーライが駆け付け救出することに。

 

ソラーラは、イーライ感謝をしながら号泣するのでした。

 

その夜、野宿をしているとソラーラが「西に向かう」理由を問いました。

 

イーライは、「本が語り掛けてきた」というのでした。

 

ある日、急に頭に言葉が響きそれ以来に西向かっているというのです。

 

すぐに信じようとしないソラーラをよそに「おかしくなっていないぞ」と告げて。

 

ザ・ウォーカー40

 

イーライたちは眠りに付きますが、本が気になるソラーラは

 

こっそり本を手に取ろうとします。

 

イーライは起きてお降り、本に伸ばされた手を掴むのでした。

 

ソラーラに「本へは触るな」と厳重に忠告し、銃を構え眠りにつきました。

 

翌日、歩いていると一見の民家が見つかります。

 

話を聞こうとするもそこは武装されてお降り、落とし穴にはめられてしまいます。

 

上から顔をのぞかせたのは、老夫婦でした。

 

銃を突きつけられ目的を聞かれますが、ソラーラを見た老婆が

 

家に招いてくれることになるのでした。

 

一方、負傷したカーネギーは応急処置をして車を使いイーライたちを追い

 

「西」に向かうのでした。

 

ザ・ウォーカー41

 

イーライたちが、家を後にしようとしていたところにカーネギーの車が追いつき、

 

家の外から銃撃を行ってくるのでした。

 

カーネギーは、大型のマシンガンを撃ち、老夫婦の家はハチの巣に。

 

老婆がやられ、老父も応戦するがやられてしまいます。

 

追い込まれたイーライたちはついにカーネギーに捕まってしまいました。

 

イーライは、本のありかを問われるも口を開かずに耐えるのでした。

 

しかし、カーネギーはソラーラを人質にして本のありかを吐かせようとするのでした。

 

イーライは、仕方なく本のありかを話し、本はカーネギーの元に。

 

イーライにようが無くなったカーネギーは、彼の腹部を打ち抜くのでした。

 

イーライは倒れ、ソラーラは町へ連行されることになりました。

 

ザ・ウォーカー16

 

しかし、ソラーラは、連行中に運転手の首を絞め、車を横転させることに成功します。

 

そして、手榴弾を持ちカーネギーの車へ投げます。

 

カーネギーの車は交わしますが、残り1台の護衛者がやられてしまいます。

 

ソラーラは、車を奪いイーライの元に急ぎます。

 

カーネギーは目的を果たしていたため、追うことはやめ街に戻ることにするのでした。

 

ソラーラが老夫婦の家に着くとイーライの姿がありませんでした。

 

イーライは、西へ更に進んでおり、彼を助けるため車に乗せるのでした。

 

車で暫く行くと川に出ました。

 

ザ・ウォーカー27

 

小舟を見つけ渡っていると、イーライは出血の酷さから意識が朦朧としていました。

 

さらにそこへ、「反対の川岸から」の護衛兵が要件を問うのでした。

 

イーライは、「聖書を届けに来た」と奪われたはずの本を届けに来たというのでした。

 

川を超えた場所は、歴史的価値のあるものなどを保管する街であり、

 

治安も他のところりよく人々に笑顔がありました。

 

ソラーラは奪われた本をどのように渡すのかと思うとイーライは、

 

「一言一句しっかり書き留めるんだ」というので驚きます。

 

イーライは、毎日の読書ですべてのページを暗記していたのでした。

 

一方、カーネギーは本の内容を確認しようとしますが、

 

なんと「点字」で書かれていたのです。

 

点字を読むことが出来ないカーネギーは、その恩恵に預かるはずだった

 

部下たちから見放され、統制がとれなくなった部下の暴動をただ眺めるのでした。

 

イーライは、自分の使命を全うし息を引き取ります。

 

一人残ったソラーラは、「やるべきことが残ってる」と音楽機器を使いながら

 

旅に出るのでした。

 

ザ・ウォーカー24



感想・まとめ

 

ザ・ウォーカー6

 

この作品は、今自分たちが生活できている現状の幸運と大切さを

 

伝えようとしていると思いました。

 

この世界は、決してない未来ではないと思います。環境汚染が続き、

 

地球が荒廃していくという未来は、最近の異常気象から少しリアルに感じ始めています。

 

自分たちの生活を見直すいい作品ですし、

 

SF物としてもアクションに迫力があり広い人が他の惜しめる作品だと思います。

 

気になる方は、無料視聴で是非見てみて下さい。

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いそをフォローする
スポンサーリンク
無料動画配信 / いそブログ

コメント