復讐者たち あらすじは?監督は?実話? アウグスト・ディール主演

復讐者たち1洋画

映画 復讐者たち

目次

7.23公開『復讐者たち』本予告

 

①はじめに

・映画「復讐者たち」概要

②映画「復讐者たち」あらすじ

③映画「復讐者たち」について

・監督は?

・実話?

・アウグスト・ディール主演

④スタッフ・キャスト

⑤映画「復讐者たち」まとめ

 

☆映画 復讐者たち 公式HP☆

★映画 復讐者たち 公式Twitter★

★映画 復讐者たち 公式faceBook★

 

①はじめに

・映画「復讐者たち」概要

復讐者たち4

ホロコーストに収容された人々の、復讐計画を描いた本作。

なかなか、社会派な映画となりそうですね。

本作の主演を務めるのはアウグスト・ディール。

「マルクス・エンゲル」の主演を務めた俳優です。

これも史実に基づいて製作された作品です。

なんだか正統派俳優という感じでいいですね。

ユダヤ人の歴史というのは、ドイツの歴史、

はたまた映画史を語るうえで、押さえておきたい史実です。

日本での公開は、ヒューマントラストシネマ有楽町や、

新宿武蔵野館などの、劇場で公開される作品ですので、

少しレアな作品となりそうです。

非常に勉強になりそうな作品ですので必見です。

公開日は7/23となっております。

では、あらすじや本作の周辺情報などを紹介していきたいと思います。

 

②映画「復讐者たち」あらすじ

復讐者たち2

時代は1945年のドイツ。敗戦直後である。

ホロコーストを生き延びた、ユダヤ人男性のマックス。

彼は、難民キャンプに流れ着いていた。

そこでマックスは、強制収容所で離ればなれになっていた妻子が、

ナチスに殺害されてしまったことを知るのである。

絶望に落とされるマックス。復讐心をたぎらせる。

そして、ナチスの残党をひそかに処刑している、

ユダヤ旅団の兵士のミハイルと行動を共にすることにする。

その折、マックスの前に別のユダヤ人の組織が現れる。

復讐者たち3

ナカムである。

ナカムも、報復活動を行っていた。

それは、ミハイルより過激であった。

ミハイルは、ナカムを危険視していた。

そこで、マックスは恩人であるミハイルに協力する。

そして彼らは、ナカムが準備を進めていたプランAという、

計画を突き止めるのであった。

その計画は、ドイツ人600万人を標的とした、

非常に恐ろしい計画なのであった。

③映画「復讐者たち」について

・監督は?

本作の監督は2人。

ドロン・パズと、ヨアブ・パズとなっております。

本作の制作にあたり、何を想いメガホンをとったのか。

以下のようなコメントを寄せているようです。

私たちは本作のリサーチ中、

この極悪非道な復讐計画に、実際に関わった人々への、

インタビューに多くの時間を割いた。

家族全員を失い、想像しがたい恐怖を生き延びた男女たちは、

生きる希望もないと考えていた。

そんな彼らが、憎しみと復讐心という、

原初の感情で自らを満たしたのは、

生きる目的を見つけるためだったのだ。

今日の世界と比べると、これは、

今の時代にも続く要素なのだと私たちは考える。

登場人物たちを執筆する際は、

ナチスに、家族や、600万人ものユダヤ人同胞を殺害されたことで、

かつては人生を謳歌していた人々が、

何百万人もの命を奪うことを、

願う人間に変わってしまったという、事実を重点に描いた。

彼らは激怒し、絶望した自警団であった一方で、

人生に対する、情熱に満ちた人間でもあったのだと。

私たちにとって、

この映画を、力強い歴史サスペンスとして描くことが重要だった。

私たちの目的は、普通の「ホロコースト映画」から、

極力かけ離れたストーリーとして表現することだ。

ハイボルテージな、

アクション満載のドラマという現代的な映画作りを、

心を揺さぶる深い要素のある、

この驚くべき史実と、組み合わせて映画化することで、

普通のミニシアター系映画から、幅広い観客に届けることのできる、

真に意義深く、楽しめる作品にできると考えている。

私たちは「プランA」を、ようやく映画化できた最初の世代として、

最終的に復讐と破壊ではない人生を選んだ、

勇気ある人々の、ストーリーを語れたことを心から光栄だと考えている。

このテーマは、今日の私たちの世界における社会的、

政治的風潮に対してもなぞらえることができるはずだ。

 

・実話?

復讐者たち8

本作は、実話をもとに製作されております。

本作には原作があり、タイトルは本作と同じく「復讐者たち」。

ハヤカワ・ノンフィクション文庫より出版されております。

その原作は、スパイ小説として位置づけられております。

本作におけるプランA。原題ともなっております(Plan A)。

これは何を基にしたのでしょう。

ネタバレになってしまうかもしれないので、

詳細は書きませんが気になる方は「ドイツ人追放」で調べてみてください。

また、原作を読んでみてこれであっているか教えてください。

ちょっと自信がないので。。

復讐者たち9

・アウグスト・ディール主演

復讐者たち10

本作の主演は、アウグスト・ディールとなっております。

ドイツの俳優です。

これまでに、「マルクス・エンゲル」や、「名も無き生涯」などの、

ドイツにゆかりの深い作品に出演してきております。

この作品の他に以下の代表作品があります。

『青い棘』

『イングロリアス・バスターズ』

『ヒトラーの贋札』

④スタッフ・キャスト

 

キャスト

アウグスト・ディール

シルビア・フークス

マイケル・アローニ

ニコライ・キンスキー

ミルトン・ウェルシュ

オズ・ゼハビ

イーシャイ・ゴーラン

スタッフ

監督

ドロン・パズ

ヨアブ・パズ

製作

スカディ・リス

アブラハム・ピルヒ

ヒリック・ミハエリ

シャロム・アイゼンバフ

製作総指揮

モリー・コナーズ

アマンダ・バワーズ

ジェーン・オスター

ビンセント・モラーノ

⑤映画「復讐者たち」まとめ

復讐者たち5

ベルリン宣言があった、

周辺の年のドイツ人そしてユダヤ人を描いた本作。

史実に基づいて描かれた、スパイ作品となっております。

非常に勉強になりそうな内容ですね。

また、この作品をきっかけに、

その周辺を自分で調べてみるのもいいかもしれません。

それも映画の楽しみ方の一つともいえます。

公開は7月23日。

お楽しみに!

コメント