スポンサーリンク

パラサイト 半地下の家族 ポン・ジュノ監督 世界を席捲したアカデミー賞受賞の衝撃作

スポンサーリンク
パラサイト1韓国映画
スポンサーリンク

パラサイト 半地下の家族 ポン・ジュノ監督

スポンサーリンク

目次

 

パラサイト2

 

・前書き

 

・無料視聴する方法

 

・作品紹介

 

・スタッフ・キャスト

 

・主演「ソン・ガンホ」関連作品

 

・あらすじ

 

・ネタバレ

 

・感想・まとめ

 

前書き

 

パラサイト3

 

監督は、ポン・ジュノさんが担当し、

 

主演をソン・ガンホが演じた2019年に公開された

 

韓国のブラック・コメディスリラー映画です。

 

カンヌ国際映画祭で韓国映画初のパルム・ドール賞を受賞し、

 

さらにアカデミー賞では最多とされる4部門での受賞が成し遂げられました。

 

日本では2020年に公開され、アメリカではドラマ化される予定です。

 

この記事では、無料視聴する方法やあらすじやネタバレはもちろん

 

主演「ソン・ガンホ」の関連作品を紹介します。

 

映画「パラサイト 半地下の家族」を無料視聴する方法

 

パラサイト5

 

無料視聴するならU-NEXTがおすすめです。

 

その理由は、

 

見放題作品数が19万本と業界最多

 

毎月1200円分のポイントが付与され、レンタル作品をお得に視聴可能

 

無料体験期間が31日と長い

 

漫画や電子書籍も読むことができる

 

ダウンロード機能で旅先での視聴可能

 

4K画質

 

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990円

31日

見放題作品がダントツで多い

dTV

500円

初月

とにかく安い

Amazonプライムビデオ

500円

30日

料金と作品数のバランスがいい

 

U-NEXTは、料金が高いように見えますが、

 

他のサイトと比較しても19万本と見放題作品が多く、

 

毎月1200円分のポイントが付与されます。

 

そのポイントで、「パラサイト 半地下の家族」も視聴可能です。

 

さらに、登録から31日間は無料体験期間となり、

 

その期間中に契約解除することで料金の発生はないため

 

実質無料で見れてしまいます。

 

気になる方は、試してみて損はないと思います。

 

ポン・ジュノ監督作品「パラサイト 半地下の家族」作品紹介

 

パラサイト13

 

監督はポン・ジュノが担当し、主演はソン・ガンホが演じました。

 

映画公開後にカンヌ国際映画祭では韓国初のパルム・ドールを受賞し、

 

アカデミー賞でも4部門を受賞するなどかなりの好成績です。

 

この物語は、家族全員が失業しているという一家が

 

お金持ちの家政婦として雇われるようになり、

 

その金持ちの一家で起きる事件に巻き込まれていく話です。

 

映画「パラサイト 半地下の家族」スタッフ・キャスト

 

パラサイト7

 

スタッフ

 

監督・脚本:ポン・ジュノ

 

脚本:ハン・ジンウォン

 

撮影監督:ホン・ギョンピョ

 

音楽:チョン・ジェイル

 

キャスト

 

キム・ギテク役:ソン・ガンホ

 

キム・ギウ役:チェ・ウシク

 

キム・ギジョン役:パク・ソダム

 

チュンスク役:チャン・ヘジン

 

パク・ドレイク役:イ・ソンギュン

 

ヨンギョ役:チョ・ヨジョン

 

パク・ダへ役:チョン・ジソ

 

主演「ソン・ガンホ」関連作品

 

パラサイト16

 

・「シュリ」韓国に潜入した北朝鮮工作品と韓国諜報部員との切ない恋愛物語

 

・「JSA」韓国と北朝鮮が共同で警備にあたるJSAで起こる許されざる友情の物語

 

・「復讐者に憐れみを」ある事件の折に死んでしまった娘のための復讐劇

 

・「殺人の追憶」1980年に韓国で起きた華城連続殺人事件を描いたサスペンス映画

 

・「グエムルー漢江の怪物―」

漢江に突如現れた黒い両生類グエムルに娘をさらわれた男が怪物に立ち向かう物語

 

・「シークレット・サンシャイン」イ・チョンジュンの同名小説が原作

 

・「渇き」エミール・ゾラの「テレーズ・ラカン」という小説にインスパイアされた作品

 

・「タクシー運転手 約束は海を越えて」1980年に起きた光州事件の実話

 

映画「パラサイト 半地下の家族」あらすじ

 

パラサイト20

 

韓国のある半地下に住んでいる家族がいました。

 

その一家は全員が失業しているというキム一家。

 

家族は4人で大黒柱のギテク、その妻チュンスク、

 

二人の子供のギウとギジョンが住んでいます。

 

お金がなくネット環境でさえ他人のWi-Fiを使い、近所のカフェのものまで使う始末。

 

困り果てている一家に、ある日吉報が入ります。

 

それは、ギウの親友からもたらされました。

 

親友は、「ミニョク」といいギウを誘い飲みに出かけます。

 

そこで、ミニョクは海外留学することを打ち明け、

 

その間に「大富豪のパク家」にいる娘のダへに

 

「英語家庭教師」をしないか頼まれました。

 

しかし、ギウは大学受験に何度も失敗し、今の現状です。

 

首を縦に振ることはしませんでしたが、パク家から払われる給料はとてもいいと聞くと

 

態度は一変し快諾してしまいました。

 

そこで問題が出現。

 

ギウは大学に在籍していないため実績を示すことが出来ません。

 

そこで、パソコン技術に長けている妹のギジョンに「入学在籍証明書」の

 

偽造を依頼します。

 

パラサイト17

 

これによりギウは難なく、

 

有名建築家が立てたというパク家に潜り込むことができました。

 

パク家の信頼も得ることができ、無事に家庭教師を始めることになります。

 

ようやく仕事につけたギウですが、さらにいいことを聞きます。

 

パク家のギジョンがふと言葉を漏らします。

 

「だれか美術の家庭教師が出来る人がいないものか」と。

 

これを聞いたギウは、ギジョンが浮かびます。

 

彼女は、美術大学を目指しており、素人ではあるものの知識はあった。

 

そのため、ギウ同様に身分を偽り、パク家で働くように言うのでした。

 

ギジョンはこれを承諾し、関係は明かさずヨギョン夫人を

 

騙すことで仕事を受けることに。

 

ギジョンは、合格しダソンという男の子の家庭教師になるのでした。

 

ギジョンの初仕事の夜。

 

パク家の主人であるドンイクが帰宅します。

 

彼はギジョンに感謝を述べて、女の子一人で返すわけにはいかないと

 

運転手に送るよう指示します。

 

しかし、自分が半地下出身であることを知られると困るギジョンは作戦を考えました。

 

自分の下着を運転手が運転するドンイクの車に隠します。

 

パラサイト14

 

自分は、自宅から近い駅で降りて帰ります。

 

ドンイクは自宅に帰ると、女性の下着が車にあるではありませんか。

 

彼は、運転手が車の中に女性を連れ込んでいると勘違いし、

 

彼との契約を破棄し解雇してしまいます。

 

これを好機としたギジョンは、父ギテクを運転手としてドンイクに紹介しました。

 

もちろん関係は伏せてあくまでの内密に。

 

これにより、ギウ、ギジョン、ギテクの3人はパク家で

 

給料のいい仕事にありつけることになりました。

 

さらに欲は留まることを知らず、現在の家政婦「ムングァン」に目を付けます。

 

彼女は桃の毛アレルギーであり、それを知ったキム一家は

 

大量に桃の毛を浴びせることに。

 

ムングァンは発作を起こし倒れてしまいます。

 

そこでギテクが、ヨンギョ夫人に「彼女は結核のようです」と虚偽の報告をして、

 

これを信じたヨンギョ夫人はムングァンを解雇してしまいます。

 

そして、そこにできた欠員へ自分の妻のチュンスクを家政婦として紹介し

 

採用されるのでした。

 

まんまと悪だくみを重ねて、一家で甘い蜜にありつくことになったキム一家。

 

しかし、11歳とまだ幼いダソンは、

 

パク一家が気付いていない違和感に感付きはじめていました。

 

キム一家が「パラサイト」のように寄生していたことに。

 

パラサイト11

 

映画「パラサイト 半地下の家族」ネタバレ

 

パラサイト19

 

ある日、ダソンは誕生日を迎えます。

 

パク一家は、ダソンへの誕生日プレゼントとしてキャンプ旅行を計画。

 

家を一家で離れるため、家の管理を家政婦であるチュンスクに任せたいと依頼があり

 

これを快諾します。

 

パク一家が旅行に出たのをいいことにキム一家は、

 

豪邸で好き放題にふるまい始めるのでした。

 

しかし、そこへ呼び鈴がなります。

 

楽しんでいた一行は慌てふためき、家政婦のチュンスクを残し隠れました。

 

呼び鈴を鳴らしたのは、前家政婦のムングァンでした。

 

彼女は忘れ物があるといい家の中に入れてもらいます。

 

そんな彼女の向かった先は、地下室。

 

そこになにがあるのか不思議がるチュンスクでしたが、中を見てビックリです。

 

そこでは、グンセという男が暮らしていた。

 

その男は、ムングァンの夫だという。

 

グンセは借金を大量に抱え、毎日取り立てに追い回されていたため、

 

この豪邸の前の持ち主が家を離れるのをキッカケに

 

グンセをかくまうことにしたのでした。

 

ムングァンはこのことをパク一家に黙っていてほしいと伝えますが、

 

そんな時に他の隠れていた3人が足を滑らせ隠れていた階段から滑り落ちてしまいます。

 

初めはなぜここにいるのかと疑問に思うムングァンでしたが、

 

パラサイト8

 

すぐにキム一家が家族であることに気付きます。

 

ムングァンはパク一家へすべてを話すと脅してきます。

 

そこへヨンギョ夫人からの電話です。

 

なんと旅行は豪雨のため中止にし、急遽自宅に戻ってくるというものでした。

 

慌てふためくキム一家は、ムングァンとグンセを縛り口にテープを貼ります。

 

二人を地下に閉じ込め、家の中を片付け始めました。

 

なんとかパク一の帰りに間に合わせることが出来ました。

 

チュンスク以外は身を隠し、帰ってきたヨンギョ夫人は

 

チュンスクに昔ダソンの誕生日におかしなことが起きたと話し始めます。

 

それは、ダソンが幽霊をみたという物でした。

 

それを聞いたチュンスクは背筋が凍りました。

 

その幽霊は、グンセだったのです。

 

その場では、特に何事もなくパク一家は疲れからか眠りにつきました。

 

一家が寝静まったころに主人のドンイクとヨンギョ夫人が

 

ふとテーブルで晩酌を始めます。

 

二人はこんなことを話し始めます。

 

「ギテクからすごく腐ったようなにおいを感じる」と。

 

ギテクは身元がバレかかり焦ります、地下室に閉じ込めた二人にも身元がバレてしまい、

 

この状況を何とか打開したいと考えます。

 

ギテクは、ギウとギジョンに計画があると伝え、

 

3人はドンイクとヨンギョ夫人が就寝した後に家を出ました。

 

パラサイト22

 

その計画とは、「計画しないこと」。

 

ようは行き当たりばったりで行こうというもので二人は呆れるのでした。

 

ある日、ダソンの誕生日を仕切りなおすとして、

 

自宅でパーティーが開かれることになりました。

 

ギテクは休日出勤として、ギウとギジョンは招待客として招かれることになります。

 

ギウは、パーティーの途中に地下に閉じ込めた二人の様子を見に行くことに。

 

するとグンセはギウに襲い掛かり捕まえてしまいます。

 

ギウがそこで見たものは、息を引き取ったムングァンでした。

 

なんとかそこから逃げようとしたギウですが、グンセに後ろから殴られ意識を失います。

 

そしてグンセは包丁を持ってパーティー会場に乗りこみました。

 

グンセは、キム一家を狙いギジョンを刺します。

 

これにショックを受けたダソンは、気絶しました。

 

その光景を見ていたドンイクはダソンを病院へ連れて行くようにギテクへ言いますが、

 

チュンスクがグンセと格闘しバーベキューの串でグンセを刺してしまいます。

 

そのグンセが放つ大衆に後退るドンイク。

 

以前自身の大衆の事を言われたギテクは感情的になり、

 

ドンイクを刺して逃走してしまいます。

 

それから数週間後、気絶していたギウはチュンスクの無事と

 

ギジョンの死亡を知るのでした。

 

そして悲惨な目に遭ったパク一家は豪邸をさり、新たな入居者が決まった。

 

ギテクが逃走したことにより追い回されることになるギウですが、

 

ある日あの豪邸から電灯でのモールス信号が送られてきました。

 

調べると「新しい住居人から食料を盗んで地下室で暮らしている」というものでした。

 

安堵したギウは、お金を稼いで豪邸を買い取り、父を助けることを決意するのでした。



感想・まとめ

 

パラサイト10

 

この作品は、コメディ調でキム一家のどこか抜けてる感じがとても面白く楽しめました。

 

しかし、後半でキム一家の欲望が暴走するにつれて物語が

 

シュールになっていくには驚きました。

 

最終的にはスリラー映画が顔を出していろいろな感情を楽しめる映画でした。

 

ある意味韓国で起こっている各社社会をも描いているような気がするので、

 

韓国を身近に感じれました。

 

最後の結末はキム一家の自業自得な気もしてしまいますが、

コメディとして楽しむことのできる映画なのでいろいろな方におすすめできる作品です。

コメント