ゾッキ あらすじは?原作は? 愛知県蒲郡市で撮影された?? 吉岡里帆主演

ゾッキ1邦画

映画 ゾッキ

目次

映画『ゾッキ』本予告【4月2日(金)全国公開、3月26日(金)愛知県先公開※一部劇場を除く】

①はじめに

・映画「ゾッキ」概要

②映画「ゾッキ」あらすじ

③映画「ゾッキ」について

 ・原作は?

 ・愛知県蒲郡市で撮影された?

 ・吉岡里帆主演

④スタッフ・キャスト

⑤「吉岡里帆」関連作品を無料視聴する方法

⑥映画「ゾッキ」まとめ

 

映画 ゾッキ 公式HP

映画 ゾッキ 公式Twitter

映画 ゾッキ 公式Instagram

映画 ゾッキ 公式FaceBook

 

裏ゾッキ

裏ゾッキ 公式Twitter

裏ゾッキ 公式Instagram

裏ゾッキ 公式FaceBook

 

裏ゾッキとは

映画ゾッキのもうひとつのストーリー、『裏ゾッキ』。

映画ロケで湧き上がる蒲郡市。それを支える市民の姿。

蒲郡市を舞台に、ひとつの映画を巡って繰り広げられる、

長編ドキュメンタリー映画『裏ゾッキ』。

2021年春公開‼️

 

①はじめに

・映画「ゾッキ」概要

 

ゾッキ11

 

本作、関係者がなかなか濃いです。

まず監督が竹中直人、山田孝之、斎藤工。

主演級の役者たちによる監督作品。

主演は吉岡里帆。

他にも、国村隼、松田龍平、石坂浩二、ピエール瀧など話題性あり、

実力ありの役者がそろっています。

 

ゾッキ35

 

主題歌はCharaが担当しております。

Charaが主題歌を担当する映画は、

「スワロウテイル」しかり「武士の献立」しかり、

はずれがないのでこちらも期待できます。

原作者の大橋裕之も「ゾッキにしては豪華すぎる」と、

驚きのコメントを残しております。

公開はロケ地となった愛知県では3月26日より。

全国では4月2日よりとなっております。

 

ゾッキ7

 

②映画「ゾッキ」あらすじ

 

ゾッキ31

 

本作の内容は、原作の短編集漫画ゾッキA/ゾッキBから、

いくつか話をチョイスした短編集を、

つなぎ合わせた映画となっているようです。

その中の一つの「Winter Love」は、以下のような話となっております。

ある男は決意した。旅に出る。

いつもなら立ち読みをして、ビールを買って帰るところであったが、

自分探しの旅へでた。

その中で人生についていろいろと考えた。

 

ゾッキ25

 

喜びと絶望の繰り返し。

生きているとその繰り返しの幅がだんだん狭くなってくる。

そんなことを考えている最中、ビニ本を拾ったり。

本格的に旅するためにホームセンターで寝袋を買ったり。

そうしながらいろいろ考えたり。

そんなお話です。

短くありながら、詩を読んでいるような、一つ一つに意味があり、

記憶に残る内容となっております。

 

ゾッキ21

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

2,189円(税込)

③映画「ゾッキ」について

・原作は?

 

ゾッキ27

 

原作は、大橋裕之による短編集「ゾッキA」「ゾッキB」となっております。

ゾッキって何ですかね。ちょっと調べてみました。

どうやら繊維業界ではよく使われる単語らしいです。

ストッキングの編み方の一つとして、

「ゾッキ編み」というものがあるらしく、そこから来ているようです。

単一の糸で編まれている。という意味合いだそうです。

話は脱線してしまいましたが、原作のゾッキについて。

 

ゾッキ28

 

著者の大橋裕之は、漫画家と俳優をマルチな才能を持つ方です。

漫画家としては、週刊誌に投稿をしていたものの、

まったく賞に引っかからない時期がありました。

その後自費出版で作品集を出すのですが、

それまでに世に出なかった作品は多くありそうですね。

ゾッキA、Bは、その自費出版で作品を出していた頃の、

作品を集めたものとなっております。

 

ゾッキ29

 

・愛知県蒲郡市で撮影された?

 

ゾッキ23

 

本作は愛知県蒲郡市で撮影されております。

本作の原作者である大橋裕之の出身地です。

大橋裕之自身は、蒲郡市の蒲郡市特別観光大使を務めている著名人の一人です。

蒲郡市特別観光大使の役割の一つとして、

「観光振興に関わる投資のPR及び情報提供を行うこと。」というものがあり、

おそらくその活動の一環として、

 

ゾッキ22

 

本作のロケ地が愛知県蒲郡市に選ばれたのではなのでしょうか。

また、裏ゾッキという本作のスピンオフ作品が、

本作と同じ時期に公開されます。

この裏ゾッキでは、ゾッキ製作の裏側と、

ロケ地である、蒲郡市の市民たちが奮闘する様子が描かれているようです。

 

ゾッキ26

 

④スタッフ・キャスト

 

ゾッキ2

キャスト

吉岡里帆

鈴木福

満島真之介

柳ゆり菜

南沙良

安藤政信

ピエール瀧

森優作

九条ジョー(コウテイ)

木竜麻生

倖田來未

竹原ピストル

潤浩

松井玲奈

渡辺佑太朗

石坂浩二

松田龍平

國村隼

 

ゾッキ13

スタッフ

監督 竹中直人、山田孝之、斎藤工

脚本 倉持裕

プロデューサー 伊藤主税

⑤「吉岡里帆」関連作品を無料視聴する方法

ゾッキ34

「吉岡里帆」関連作品をフルで観るためにイチ押しするサイトは“U-NEXT”です。

U-NEXTをイチ押しする理由は7つあります。

  • はじめての方限定の無料トライアル!なんと、31日間もたのしめる!

  • 毎月ポイントが1200円分手に入るので実質1000円くらいとお得な気分に!

  • 作品数ダントツNO.1!6.5万本以上も見放題

  • 20万冊を超える読み放題の漫画などが満載!

  • 自分の好きな作品をダウンロードしていつでもどこでも観れる!

  • アカウントが4つも管理できる

  • 作品が4K画像というキレイな映像で楽しめる!

他のサイトの料金やイチ押しする部分などを比較しました。

 ※◯:有り △:追加料金あり ×:無し

 

 

2,189円(税込)

U-NEXTは料金は少し高めですが、

毎月1200円分のポイントがもらえるので実質約1000円!

お得な気持ちになります。

そして無料期間がなんと!31日間と一番長く、動画の数もダントツで多いです。

31日間以内に解約すれば料金も一切かかりませんので、

お試しに31日間無料トライアルに登録してみる価値ありです。

⑥映画「ゾッキ」まとめ

 

ゾッキ5

 

本作の監督を務める竹中直人、山田孝之、斎藤工。

おそらく、蒲郡市のHPに掲載されている竹中直人のコメントを観る限り、

竹中直人発足の話のように思えます。

3人とも非常に実力の高い役者として知られておりますが、

おそらく役者事情に知見のある方なら、

三人の共通点として、「映画バカ」というのものが、

思いつくのではないでしょうか。

 

ゾッキ8

 

個性を出しながらも作品を最大に盛り上げる竹中直人。

 

ゾッキ15

 

クールな役柄が多いながらも、

内に秘めたる表情が非常に豊かな山田孝之。

 

ゾッキ19

 

様々な役に挑戦し、自身、そして映画の可能性を広げる挑戦をする斎藤工。

この三人から織りなされる「ゾッキ」。

はたしてどのような作品となるのか。

本作のクランクアップ時のコメントとして、

竹中直人さんは以下のコメントを寄せております。

 

 

全てのキャスティングが、

山田孝之組も、齊藤工組も、最高のキャストが集まったと思いますね。

僕も本当に理想のキャストだった。

役者を演出するのはとても楽しい仕事なんで、

撮影が終わって、今すごい寂しいですよ。

でもこれからどんな風に仕上がっていくのかという緊張があるので、

これからが始まりです。

蒲郡の皆さんには大変お世話になりました。

本当に良い所ばっかりでしたね。

ロケハンも順調だったし。

1箇所、許可が降りないってなった時にちょっと焦ったんですけど、

撮影がなかった時に散歩したら素敵な場所が見つかって、

近所の方々もとても協力的な方で、とても皆さん優しくて。

蒲郡の天候にも恵まれて、寒いと言っても耐えられない寒さじゃなかった。

どこに行ってもご飯が美味しかった。

皆さんが作ってくれたお弁当も、とても美味しかった。

毎日毎日手書きのメッセージを頂けたのは本当に素敵な時間で、

あっという間でした。

 

 

本作の役割として、原作者大橋裕之の出身地である、

愛知県蒲郡市のPRも兼ねておりますが、

果たしてフィルムの中に街の景色はどのように映っているのでしょうか。

公開はロケ地となった愛知県では3月26日より。

全国では4月2日よりとなっております。

公開が非常に待ち遠しい一作ですね。

コメント