スポンサーリンク

トレーニングデイ デンゼル・ワシントンが悪役を演じる、実際のギャング協力作品

スポンサーリンク
トレーニングデイ2洋画
スポンサーリンク

映画 トレーニングデイ

スポンサーリンク

目次

 

トレーニングデイ3

 

・前書き

 

・無料視聴する方法

 

・作品紹介

 

・スタッフ・キャスト

 

・デンゼル・ワシントン関連作品の紹介

 

・あらすじ

 

・ネタバレ

 

前書き

 

トレーニングデイ4

 

2001年にアメリカ・日本で公開された、サスペンスアクション映画。

 

監督は、アントワーン・フークアが担当し、

 

主演はこの作品でアカデミー主演男優を受賞したデンゼル・ワシントンが演じました。

 

新人刑事の初日「トレーニングデイ」を描いた作品です。

 

この記事では、無料視聴する方法やあらすじ・ネタバレのほかに

 

主演のデンゼル・ワシントンの関連作品を紹介します。

 

デンゼル・ワシントン主演「トレーニングデイ」を無料視聴する方法

 

トレーニングデイ13

 

無料視聴するならU-NEXTがおススメです。

 

その理由は

 

・見放題作品数が19万本と業界最多

・無料体験期間が31日と長い

・毎月ポイントの付与が1200円分あり、お得にレンタル作品を視聴できる

・漫画や電子書籍も読むことができる

・ダウンロード機能で旅先の視聴が可能

・4K画質

 

サイト別に比較してみましょう



サイト名

月額料金

無料体験期間

ポイント

U-NEXT

1990円

31日

見放題作品がダントツで多い

Amazonプライムビデオ

500円

30日

作品数と料金のバランスがいい

ビデオマーケット

500円~2000円

初月

料金設定が4種類

TV

500円

30日

とにかく安い

TUTAYA TV

933円

30日

DVDの宅配便が利用できる

 

U-NEXTの料金は少し高いように見えますが、

 

毎月1200円分のポイントが付与されるため、

 

レンタル作品などの有料作品をポイントでお得に視聴できますし、

 

無料体験期間は31日と長いです。

 

更に無料体験期間中に解約することで支払いが発生しないため、

 

19万本の見放題作品を自由に楽しむことができます。

 

気になる方は、一度体験してみても後悔はないと思います。

 

デンゼル・ワシントン主演「トレーニングデイ」作品紹介

 

トレーニングデイ5

 

この作品は、監督をアントワーン・フークアが担当し、

 

主演はデンゼル・ワシントンが演じました。

 

治安の悪い場所のシーンは、実際のギャングに協力を得て、

 

縄張りを使わせてもらうことで現実感のあるシーンが撮れています。

 

物語は、ある一人の新人警官が、麻薬取締課に配属され、

 

ベテラン刑事が新人に仕事のノウハウを教える「トレーニングデイ」の

 

1日が描かれています。

 

しかし、ベテラン刑事は到底警官と思えないような方法で捜査を行い

 

新人警官は麻薬取締課に疑問を持つようになるのでした。

 

映画「トレーニングデイ」スタッフ・キャスト

 

トレーニングデイ8

 

スタッフ

 

監督:アントワーン・フークア

 

脚本:デヴィッド・エアー

 

制作:ジェフリー・シルバー

 

    ロバート・F・ニューマイヤ

 

音楽:マーク・マンシーナ

 

キャスト

 

アロンゾ・ハリス刑事:デンゼル・ワシントン

 

ジェイク・ホイト刑事:イーサン・ホーク

 

ロジャー役:スコット・グレン

 

サラ役:エヴァ・メンデス

 

リサ・ホイト役:シャーロット・アヤナ

 

スタン役:トム・ベレンジャー

 

ブルー役:スヌープ・ドッグ

 

ダグ役:ハリス・ユーリン

 

ルー役:レイモンド・J・バリー

 

スマイリー役:クリフ・カーティス

 

モレノ役:ノエル・グーリーエミー

 

デンゼル・ワシントン関連作品

 

トレーニングデイ9

 

・交渉人たちのサスペンス映画インサイド・マン

 

・ある旅人のSFアクション映画ザ・ウォーカー

 

映画「トレーニングデイ」あらすじ

 

トレーニングデイ10

 

白人警察官のジェイクは、麻薬取締課に配属され妻や幼い娘のために

 

出世するチャンスだと意気込むのでしたが、初出勤日の朝に一本電話が入るのでした。

 

妻が電話に出ると「ハリス捜査官から」と電話を渡され、

 

朝礼などはしないから指定するカフェに来るように命令されるのでした。

 

カフェで待っていたのは、黒人で私服の男でした。

 

男は、上司になる「アロンゾ・ハリス」と名乗るのでした。

 

アロンゾは新聞を読んでおり、ジェイクの事は無視。

 

たまらずジェイクは状況を聞こうと話し始めますが、

 

新聞を読むのを邪魔されたアロンゾは新聞より面白い話をしろと

 

迫られることになりました。

 

トレーニングデイ11

 

ジェイクは、なんとか話をしましたが、

 

アロンゾは下品な言葉を並べてまともに聞かず、鼻で笑い飛ばします。

 

そんなアロンゾの様子にこれからのことが不安になるジェイクなのでした。

 

アロンゾは、「トレーニングデイ」と称し、

 

ジェイクの新人指導を1日行うことを伝え、

 

ジェイクの人生の中でハードな1日が始まるのでした。

 

初めに向かった場所は、アロンゾが飼いならしている麻薬保持者の青年から

 

リークがあった場所でした。

 

トレーニングデイ12

 

そこでは、麻薬の売買が行われ、アロンゾたちは密かに待つのでした。

 

すると1台の車が売人の青年に近づきます。

 

車に乗っているのは学生でした。

 

アロンゾたちはその学生を追跡し、車を止めます。

 

アロンゾは、銃を学生に突き付けて脅し、証拠物を没収するのでした。

 

その後、逮捕はせずに2度としないように注意し、その場を後にするのでした。

 

アロンゾの強硬手段に驚くジェイクでしたが、これはまだ序章でした。

 

車で次の目的地に行くまでの間にアロンゾは驚くべきことに、

 

没収した麻薬をジェイクに吸えと命令するのでした。

 

ジェイクは、警官が麻薬を使うという御法度は理解しており、

 

クビにされると拒否をします。

 

トレーニングデイ7

 

アロンゾは交差点で銃をジェイクに突き付けて脅し、

 

潜入捜査でも吸わないのかと怒鳴りつけ強引に吸わせるのでした。

 

朦朧とするジェイクを連れアロンゾは、麻薬売人のロジャーの家に。

 

ロジャーとアロンゾは、お互い協力関係にありロジャーは罪を見逃され、

 

アロンゾは裏の情報をリークしてもらっていたのでした。

 

アロンゾは、ジェイクをロジャーに紹介し、見込みを問うと

 

昔のアロンゾににていると笑うのでした。

 

薬で朦朧とするジェイクをよそに二人は、来年儲けた金で引退することを約束し

 

分かれるのでした。

 

ジェイクは、アロンゾのドライブ中にたまたま路上での事件を目撃してしまいます。

 

アロンゾに車を止めさせ、自分は事件現場に。

 

トレーニングデイ14

 

ジェイクが駆け付けた事件は、二人の薬物中毒者が、

 

一人の少女を襲おうとする場面でした。

 

ジェイクは、二人を抑えようと奮闘。

 

初めは、やられかけるもなんとか持ち直し形勢は逆転しました。

 

2人に手錠をかけると、少女は自身がギャングのボスの姪であると

 

言い放ち復讐してやると吐き捨てその場を後にするのでした。

 

アロンゾは一連の事件をたばこを吸いながら見学しており、

 

すべてが終わると近づいてきました。

 

捕まえた二人から所持品を奪い、文句をつけた一人の男に銃を突きつけ

 

脅しナイフで切りつけるなど感情に任せ罰を与えたのでした。

 

トレーニングデイ15

 

逮捕もせず横暴を働くアロンゾにジェイクの不信感が徐々に募り大きくなるのでした。

 

そのまま、アロンゾは自身の愛人がいる隠れ家により、

 

「お偉いさんに会いに行く」とジェイクをレストランへ連れていきます。

 

そこにはSBIのトップや国の重鎮が集まり密談をしていました。

 

そこにアロンゾも加わります。

 

ジェイクは席を外され、遠目に話を聞くことに。

 

しかし、話の内容はアロンゾ最近起こした事件の後始末についてでした。

 

アロンゾは、頭に血が上りやすく口論になったロシア人を

 

殺害してしまったというのです。

 

トレーニングデイ16

 

しかもそのロシア人は国の重要人物。

 

アロンゾは、指定された日時に金を用意するように指示を出されていたのでした。

 

指定された日時は、本日中。

 

アロンゾは、そのお金を用意できていないため、重鎮たちの力を借りようとします。

 

「ある条件」を提示され条件を飲むことで令状を貰え援助もされる。

 

これにより、アロンゾは条件を了承。

 

その条件とは「ロジャーの始末」でした。

 

アロンゾは部下を揃え、ロジャーの家に突入。

 

ロジャーは、予期せぬ来訪に驚き不意を突かれることに。

 

アロンゾは、罪を見逃せなくなったとロジャーに伝え、

 

自身が上げた利益の場所を吐くように脅迫するのでした。

 

トレーニングデイ17

 

金を渡すことで、身柄は確保しないという条件で。

 

ロジャーは仕方なく金のありかを伝え、アロンゾは、部下と共に証拠品を押収。

 

しかし、ジェイクはさらに驚く行動を目にします。

 

部下と自身の分と押収品から一部をかすめ取っていました。

 

ジェイクも促されますが断ります。

 

その後、ロジャーの前にジェイクは座らされ、銃を渡されました。

 

困惑していると「殺せ」と命令されるのでした。

 

ジェイクが拒否するとアロンゾがロジャーを撃ちました。

 

そして、開けつける警官に部下たちと口裏を合わせて、

 

正当防衛でジェイクが撃ったことにするというのでした。

 

トレーニングデイ18

 

ジェイクの不信は頂点に達し、銃でアロンゾを脅します。

 

アロンゾは、綺麗ごとだけでは上に行けないと説得しようとします。

 

それでも銃を下ろさないジェイクに「もう無理強いはしない」と約束するのでした。

 

さらに、初めに吸わせた麻薬は、アロンゾたちの事を話すと

 

自身も検査をされることになり麻薬を吸った事がバレクビになるという

 

後のことを見越しての口留めでした。

 

今回が最後で、1年我慢すれば昇格を確約すると言われ、

 

家族のために納得はしないが渋々じゅうを引くことに。

 

アロンゾは

 

「俺の後を告げるのはお前しかいない。こんな組織をお前が中から帰るんだ」と

 

ジェイクに言い聞かせるのでした。

 

トレーニングデイ19

 

映画「トレーニングデイ」ネタバレ

 

トレーニングデイ21

 

ジェイクは納得しないまま、アロンゾにギャングの隠れ家へ連れていかれるのでした。

 

理由を聞くと「奉仕活動だ」といいました。

 

家電をギャングのボス「スマイリー」に渡しに来たといい家の中に案内されます。

 

スマイリーは、仲間とトランプをしており、

 

アロンゾは家電を渡すとトイレに行くといいジェイクをスマイリーたちのところに

 

置いていくのでした。

 

緊張するジェイクにスマイリーたちはトランプをするように促し、

 

待っている間という条件で受けることに。

 

しかし、しばらくしてもアロンゾは戻ってきませんでした。

 

不信に思ったジェイクは家の外を確認。

 

トレーニングデイ20

 

アロンゾの車はなく、邪魔になるため売られたことを知ったのでした。

 

ジェイクは何とか逃げようと机を蹴飛ばしますが、

 

すぐにつかまりスマイリーの家で暴れた責を取るために風呂場で殺されかけるのでした。

 

寸前のところで、ジェイクのポッケから、

 

最初に助けた学生の少女の手帳が見つかります。

 

なんとその少女はスマイリーの姪であり、

 

ジェイクは自身が助けたと訴えかけるのでした。

 

スマイリーは、本当の事か確認するため姪に電話をします。

 

話は本当で、ジェイクは一命をとりとめることに。

 

スマイリーは、「これも仕事なんだ」と謝罪するのでした。

 

トレーニングデイ23

 

解放されたジェイクは、バスでアロンゾの隠れ家に。

 

見張りに通してもらうことができ、家に忍び込みます。

 

部屋でロシア人にお金を渡すため計算をしているアロンゾへ銃を突きつけ

 

金は諦めるように脅すのでした。

 

しかし、アロンゾも隠し持っていた銃で応戦し銃撃戦に。

 

屋内で打ち合い、隙をみてアロンゾが屋上へ逃げます。

 

後を追うジェイクは、地の利を生かしたアロンゾに押され、殴り倒されるのでした。

 

納金が1秒でも遅れると命がないアロンゾはジェイクにとどめを刺さずに先を急ぎます。

 

車に乗りエンジンをかけるとジェイクは、車に飛び乗ってくるのでした。

 

振り払うためにアロンゾは周囲の車にぶつけますが、

 

振り落とせず勢い余って車に突っ込み自身が衝撃でふらつきます。

 

その隙を突きジェイクは、アロンゾを殴り何とか車の外に引きずり出し、

 

金を押収するのでした。

 

トレーニングデイ22

 

ジェイクは、アロンゾに銃を突きつけ降参するように言うのでした。

 

しかし、アロンゾも命が掛かっているため諦めません。

 

周辺の住民が集まり野次馬になります。

 

アロンゾは、自身がボスだと思っているため周辺の野次馬に

 

ジェイクを撃った奴には金をやると条件を出すのでした。

 

しかし、周辺の住民もアロンゾの横暴さに嫌気がしており

 

「勘違いするな」と一喝され、銃を地面に置かれるのでした。

 

アロンゾは、ジェイクが打てないとふみ銃をとろうとしますが、ジェイクは発砲。

 

トレーニングデイ24

 

アロンゾの臀部に当たり、アロンゾは抵抗が出来なくなります。

 

ジェイクは警察バッチを奪い、金を証拠品として提出するといいます。

 

その行為に共感した住民は、銃をアロンゾへ向けて

 

「俺たちが見ておくからお前は行け」と助けてもらうのでした。

 

その後ろ姿を見つつ、「俺はここのボスだぞ!」と言い続けるアロンゾに

 

見切りをつけた住民は家に戻り始めます。

 

アロンゾは「最悪な1日だ」と振り返るのでした。

 

その後、アロンゾは車で街中を行くと交差点で止まります。

 

横に銀のバンが止まりますが、

 

周囲に全く車の気配がないことにアロンゾは危険を察知。

 

トレーニングデイ25

 

信号が青に変わり車を出そうとすると、前から車行く道をふさぎます。

 

バックをすると横に止まっていたバンがと止め、

 

前にいた3台の車から覆面をしマシンガンを持った団体が

 

アロンゾの車をハチの巣にするのでした。

 

アロンゾはボロボロになり車を降りますが、

 

ロシア語が聞こえた後に全員から集中砲火を受け絶命するのでした。

 

後日、ニュースでアロンゾ・ハリス捜査官の死亡が流れるのでした。



感想・まとめ

 

トレーニングデイ26

 

この作品は、これまで善人役で有名だったデンゼル・ワシントンが

 

悪役を名演技で演じたことが有名となった作品で、

 

捜査官の裏をリアルに感じることができました。

 

初めから、アロンゾは見ている方からも「どうかな?」と思わせるほど

 

警官に相応しくない行動があったため、賛否両論があるかもしれません。

 

しかし、いろいろなアロンゾからの誘惑を一警官として拒否し、

 

正しい警官の在り方を示し続けてくれるジェイクには救われる思いでした。

 

アロンゾの横暴はどのような結果を生むのか見ながらハラハラしっぱなしでした。

 

ミリタリー好きやクライム映画が好きな方に是非ともおススメです。

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いそをフォローする
スポンサーリンク
無料動画配信 / いそブログ

コメント